イングリット・カーフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イングリット・カーフェン
Ingrid Caven
生年月日 (1938-08-03) 1938年8月3日(82歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ ザールブリュッケン
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(1970年 - 1972年)[1]
テンプレートを表示

イングリット・カーフェン(Ingrid Caven、1938年8月3日 - )は、ドイツ女優歌手[2]

経歴[編集]

1938年3月8日、ザールブリュッケンに生まれる[3]。1974年、ジャン・ユスターシュ監督の『ぼくの小さな恋人たち』に出演する[4]。1978年、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督の『13回の新月のある年に』に出演する[5]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 愛は死より冷酷(1969年)
  • 悪の神々(1970年)
  • 四季を売る男(1971年)
  • ルートヴィヒ2世のためのレクイエム(1972年)
  • 今宵かぎりは…(1972年)
  • ラ・パロマ(1974年)
  • ぼくの小さな恋人たち(1974年)
  • 自由の代償(1975年)
  • シビルの部屋(1976年)
  • 13回の新月のある年に(1978年)
  • 愚か者の日(1981年)
  • デビルス・パラダイス 悪魔の楽園(1987年)
  • 季節のはざまで(1992年)
  • 私の好きな季節(1993年)
  • ダニエル・シュミット 思考する猫(2010年)
  • サスペリア(2018年)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Au Pigall's(1978年)
  • Der Abendstern(1979年)
  • Erinnerung An Edith Piaf(1983年)
  • Spass(1986年)
  • Chambre 1050(1996年)
  • Helle Nacht(1998年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • Live in Hamburg(1980年)

シングル[編集]

  • Beim Letzten Tango(1986年)

脚注[編集]

  1. ^ Hodgkiss, Rosalind (1999年1月8日). “The bitter tears of Fassbinder's women”. The Guardian. 2015年9月3日閲覧。
  2. ^ Phelps, Nicole (2014年3月1日). “Fall 2014 Ready-to-Wear: Olympia Le-Tan”. Vogue. 2015年9月3日閲覧。
  3. ^ Franzen, K. Erik (2012年7月12日). “Ingrid Caven über Gesang und Geschlechter - "Man muss auch heute zweifeln"”. taz.de. 2015年9月3日閲覧。
  4. ^ Canby, Vincent (1987年1月30日). “Mes Petites Amoureuses (1974)”. The New York Times. 2015年9月3日閲覧。
  5. ^ Skinner, Oliver (2014年4月8日). “Rewatching the Queer Canon, Part 5: Fassbinder's 'Moons' and 'Querelle'”. Indiewire. 2015年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]