イワインチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イワインチン
Chrysanthemum rupestre 1.JPG
福島県磐梯山、2010年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: キク属 Chrysanthemum
: イワインチン C. rupestre
学名
Chrysanthemum rupestre Matsum. et Koidz.
シノニム

Dendranthema rupestre (Matsum. et Koidz.) Kitam.

和名
イワインチン(岩茵蔯)

イワインチン(岩茵蔯、学名Chrysanthemum rupestre )はキク科キク属多年草。別名はインチンヨモギ高山植物

特徴[編集]

は叢生(そうせい)し、高さは10-20cmになる。は密に互生し、葉身は羽状に深裂する。裂片は線形になり、幅は1-1.5mmある。葉の裏面には毛が密生して銀白色になる。

花期は8-9月。茎の上部に黄色の頭花を散房状に密につける。頭花は径3-4mmになり、筒状花のみから構成される。総苞は長さ2-5mmで、やや球形となり、総苞外片は卵形または長楕円形になる。果実蒴果となり、短毛が生える。

分布と生育環境[編集]

日本固有種で、本州の中部地方以北に分布し、高山の岩場や砂礫地に生育する。

ギャラリー[編集]

近縁種[編集]

参考文献[編集]