イブ・ミュアヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Gold medal.svg
イブ・ミュアヘッド
カーリング選手
Eve Muirhead
Eve Muirhead - cropped from Flickr image 4375889785.jpg
2010年バンクーバー五輪
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 スコットランドの旗 スコットランドパース
生年月日 (1990-04-22) 1990年4月22日(32歳)
身長 173 センチメートル
オリンピック
4人制
出場大会
最高成績 11位 金メダル (2022)
世界選手権
4人制
出場大会
最高成績 11位 金メダル (2013)
獲得メダル
カーリング
大会 1 2 3
オリンピック 1 0 1
世界選手権 1 1 1
世界ジュニア選手権 4 0 0
欧州選手権 2 5 2
欧州ミックス選手権 1 0 0
2022年2月20日現在
テンプレートを表示

イブ・ミュアヘッド英語: Eve Muirhead OBE1990年4月22日[1] - )は、イギリススコットランドの女子カーリング選手。ミューアヘッド、ミューヘッドとも。2022年北京オリンピック金メダリスト。2014年ソチオリンピック銅メダリスト。2013年世界女子カーリング選手権大会チャンピオン。2007、2008、2009年および2011年の世界ジュニアカーリング選手権チャンピオン。スコットランドのパース北部にあるダンケルド (Dunkeld・カーリング・クラブでプレー[2]。2022年8月、カーリングから引退[3]

経歴[編集]

2007年
ミュアヘッドが初めてカーリングの国際的な舞台に登場したのは、2007年にアメリカ・エベレス英語版で開催された世界ジュニアカーリング選手権。サラ・ライド英語版がスキップを務めるチームのサードとして出場し、金メダルに輝いた[4]
2008年
スキップとしてスコットランドのジュニア選手権に出場。チームを率いて全勝し世界ジュニアカーリング選手権の出場権を獲得[5]。スウェーデンのエステルスンドで行われた世界ジュニアカーリング選手権では、決勝でスウェーデン代表を12–3で破り優勝した[6]
2009年
カナダ・バンクーバーで開催された世界ジュニアカーリング選手権に出場。会場は2010年バンクーバーオリンピックのカーリング会場予定地であるバンクーバー・オリンピック・センター。決勝では、開催地のカナダ代表を8–6で破り、世界ジュニアカーリング選手権を3連覇、スキップとして2連覇を達成した。
2010年
イギリス代表チームのスキップとしてバンクーバーオリンピックに出場。日本代表と好勝負を繰り広げるも敗れたが、この一戦が日本のテレビで生中継され、日本で大きな注目を集めることとなった[7]
2013年
ラトビアリガで開催された世界女子カーリング選手権に出場。決勝でスウェーデンに勝利し、初優勝した[8]
2014年
ソチオリンピックに出場。準決勝でカナダに敗れるも3位決定戦でスウェーデンに勝利し、銅メダルを獲得した[9]。この大会では予選リーグのアメリカ戦で五輪記録となる1回のエンドで7得点を獲得するラストショットを放った。
2018年
平昌オリンピックに出場。予選3位で決勝トーナメントに進出し、準決勝でスウェーデンに敗れ、3位決定戦では日本代表と対戦。ラストショットのミスで敗れメダルを逃した[10]
2022年
北京オリンピックに出場。予選3位で決勝トーナメントに進出。準決勝ではスウェーデンに延長戦の末に勝利し、決勝戦では平昌と同じく日本と対戦。勝利して金メダルを獲得した[11]

人物[編集]

主な戦歴[編集]

獲得メダル
カーリング
イギリスの旗 イギリス代表
オリンピック
金メダル - 1位 2022 北京 4人制
銅メダル - 3位 2014 ソチ 4人制
スコットランドの旗 スコットランド代表
世界選手権
金メダル - 1位 2013 リーガ 4人制
銀メダル - 2位 2010 スウィフトカレント 4人制
銅メダル - 3位 2017 北京 4人制
世界ジュニア選手権
金メダル - 1位 2007 4人制
金メダル - 1位 2008 4人制
金メダル - 1位 2009 4人制
金メダル - 1位 2011 パース 4人制
ヨーロッパ選手権
金メダル - 1位 2011 4人制
金メダル - 1位 2017 4人制
銀メダル - 2位 2010 4人制
銀メダル - 2位 2012 4人制
銀メダル - 2位 2013 4人制
銀メダル - 2位 2015 4人制
銀メダル - 2位 2019 ヘルシンボリ 4人制
銅メダル - 3位 2014 4人制
銅メダル - 3位 2016 4人制
ヨーロッパミックス選手権英語版
金メダル - 1位 2012 ミックス

イギリス代表[編集]

スコットランド代表[編集]

  • ヨーロッパカーリング選手権
    • 2008年 - 6位
    • 2009年 - 6位
    • 2010年 - 22位 銀メダル
    • 2011年 - 11位 金メダル
    • 2012年 - 22位 銀メダル
    • 2013年 - 22位 銀メダル
    • 2014年 - 33位 銅メダル
    • 2015年 - 22位 銀メダル
    • 2016年 - 33位 銅メダル
    • 2017年 - 11位 金メダル
    • 2018年 - 6位
    • 2019年英語版 - 22位 銀メダル[15]

ワールドカーリングツアー[編集]

グランドスラム[編集]

ワールドカーリングツアーにおける最高峰の大会シリーズであるグランドスラムの成績。

略語の説明
C 優勝
F 準優勝
SF ベスト4
QF ベスト8
R16 ベスト16
Q 予選敗退
T2 ティア2(2部)出場
DNP 大会不参加
N/A 開催せず
大会 / シーズン 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015–16 2016–17 2017–18 2018–19 2019–20 2020–21 2021–22 通算成績
マスターズ N/A N/A SF F Q Q Q SF Q Q N/A[16] DNP[17] 17-24
ツアーチャレンジ N/A N/A N/A N/A N/A QF DNP SF DNP DNP N/A[16] N/A[18] 7-6
ナショナル N/A N/A N/A N/A N/A DNP Q DNP QF QF N/A[16] DNP[17] 7-7
オープン N/A N/A N/A N/A C SF DNP DNP SF Q N/A[16] 16-7
チャンピオンズカップ N/A N/A N/A N/A N/A Q Q SF SF[19] N/A[20] Q 12-13
プレーヤーズ SF Q C QF C C QF QF DNP N/A[20] Q 34-25
勝–負 4-2 1-6 10-5 8-5 13-6 16-12 5-13 16-9 12-8 5-9 3-7 0-0 93-82

旧グランドスラム[編集]

大会 / シーズン 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015–16 2016–17 2017–18 2018–19
エリート10 N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A DNP[17]
オータムゴールド Q Q DNP C DNP N/A N/A N/A N/A
コロニアルスクエア N/A DNP R16 DNP C N/A N/A N/A N/A
マニトバ・ロト DNP DNP DNP Q N/A N/A N/A N/A N/A
ソビーズスラム SF N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A

チーム[編集]

シーズン スキップ サード セカンド リード
2006–07 Sarah Reid イブ・ミュアヘッド Barbara McFarlane Sarah MacIntyre
2007–08 イブ・ミュアヘッド Kerry Barr ヴィッキー・アダムス Sarah MacIntyre
2008–09 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン英語版 (Jr)
Karen Addison (W)
ヴィッキー・アダムス (Jr)
Rachael Simms (W)
Sarah MacIntyre (Jr)
Anne Laird (W)
2009–10 イブ・ミュアヘッド Jackie Lockhart (E/O)
ケリー・ウッド (W)
ケリー・ウッド (E/O)
Lorna Vevers (W)
Lorna Vevers (E/O)
Anne Laird (W)
2010–11 イブ・ミュアヘッド ケリー・ウッド (E)
アナ・スローン (Jr)
Lorna Vevers (E)
ヴィッキー・アダムス (Jr)
Anne Laird (E)
Rhiann Macleod (Jr)
2011–12 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス Claire Hamilton
2012–13 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス Claire Hamilton
2013–14 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス Claire Hamilton
2014–15 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス Sarah Reid
2015–16 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス Sarah Reid
2016–17 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス ローレン・グレイ英語版
2017–18 イブ・ミュアヘッド アナ・スローン ヴィッキー・アダムス ローレン・グレイ
2018–19 イブ・ミュアヘッド ジェニファー・ドッズ英語版 ヴィッキー・チャーマーズ英語版 ローレン・グレイ
2019–20 イブ・ミュアヘッド ローレン・グレイ ジェニファー・ドッズ ヴィクトリア・ライト
2020–21 イブ・ミュアヘッド ヴィクトリア・ライト ジェニファー・ドッズ ローレン・グレイ
2021–22 イブ・ミュアヘッド ヴィクトリア・ライト ジェニファー・ドッズ ヘイリー・ダフ英語版

※Jr=世界ジュニア選手権、E=ヨーロッパ選手権、W=世界選手権、O=オリンピック。

脚注[編集]

  1. ^ EVE MUIRHEAD CURLING”. 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ British Curling - Eve Muirhead Profile”. 2010年2月8日閲覧。
  3. ^ Eve Muirhead [@evemuirhead] (2022年8月11日). ""How lucky I am to have something that makes saying goodbye so hard."". Instagramより2022年8月11日閲覧
  4. ^ World Junior Curling Championships 2007”. results.worldcurling.org. 2019年11月25日閲覧。
  5. ^ "Junior women's final"Curling Today (Sunday, 10 February 2008) (Retrieved on 21 March 2008)
  6. ^ "World Champions welcomed home!"Curling Today (Monday, 10 March 2008) (Retrieved on 21 March 2008)
  7. ^ 可愛すぎる英のミュアちゃん/カーリング”. 日刊スポーツ (2010年2月20日). 2019年11月25日閲覧。
  8. ^ Titlis Glacier Mountain World Women's Curling Championship 2013”. results.worldcurling.org. 2019年11月25日閲覧。
  9. ^ XXII. Olympic Winter Games 2014”. results.worldcurling.org. 2019年11月25日閲覧。
  10. ^ 美女スキップの“1%の失投”に英名手は同情「残酷な終焉になってしまった」”. THE ANSWER (2018年2月25日). 2019年11月25日閲覧。
  11. ^ 英国が金メダル 日本に完勝 ミュアヘッドが涙“平昌の悪夢”払拭”. デイリー (2022年2月20日). 2022年2月20日閲覧。
  12. ^ 多才な美女、「金」へ自信…イブ・ミュアヘッド”. YOMIURI ONLINE (2014年2月6日). 2018年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月20日閲覧。
  13. ^ "No. 63135". The London Gazette (Supplement) (英語). 10 October 2020. p. B20. 2022年7月22日閲覧
  14. ^ "No. 63714". The London Gazette (Supplement) (英語). 1 June 2022. p. B15. 2022年7月22日閲覧
  15. ^ Sweden women defend European title on last stone thriller”. worldcurling.org (2019年11月23日). 2019年11月25日閲覧。
  16. ^ a b c d Grand Slam curling circuit forced to drop 4 events because of COVID-19 pandemic” (英語). CBC Sports (2020年7月8日). 2020年7月10日閲覧。
  17. ^ a b c 出場キャンセル
  18. ^ Grand Slam of Curling returning to the road for 2021-22 season” (英語). Grand Slam of Curling (2021年7月5日). 2021年10月13日閲覧。
  19. ^ 2019年世界ミックスダブルスカーリング選手権大会に出場するため欠場したスウェーデンチームのスキップであるアンナ・ハッセルボリの代役として出場した。
  20. ^ a b GSOC cancels remaining events of 2019-20 season” (英語). Grand Slam of Curling (2020年3月13日). 2020年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]