イハス・デル・ソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラス・イハス・デル・ソル
ジャンル アフロポップジャズラテン
職業 歌手ソングライター
活動期間 1992年 - 現在

イハス・デル・ソル西:Hijas del Sol)は、それぞれピルチ・アポ・ボトゥパーパロマ・ロリボ・アポは、赤道ギニアビオコ島出身の叔母と姪のデュオであり、作詞、作曲、歌唱をブビ語スペイン語双方で行う。Hijas del Solはスペイン語で太陽の娘たちという意味である。

彼等は最初の公演を1992年のel Centro Cultural Hispano Guineano(イスパノ・ギニア文化センター)で行い、そこで最優秀オリジナル曲賞と最優秀振り付け賞を受賞した[1]。同年彼等はまたセビリア万国博覧会とOTI Festivalでスペイン初公演を行った。

彼等のデビューアルバムSibèba (1995)はより伝統的なブビ音楽と、オリジナル作曲のブレンドであり、ブビ語とスペイン語双方で歌われている。Sibèba ("aquello que se quiere conseguir")は「運命づけられた一番の救済の場所」と訳することが可能であり[2]、アルバムはブビ人の文化とカトリック信仰の双方の伝統を、今日のスペインで移民が遭遇する諸問題と共に伝えている。fROOtsは1995年の年間リストでアルバムでNo.1となり[3]、このアルバムはヨーロッパ全土、アメリカ合衆国カナダ日本でリリースされた。