イナムジョン・ウスマンホジャエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イナムジョン・ウスマンホジャエフ1930年5月21日 - 2017年3月17日)は、ウズベク・ソビエト社会主義共和国の政治家、ソ連共産党員。

生涯[編集]

  • フェルガナ市出身。
  • 1955年 - タシュケント工業大学を卒業。
  • 1955年 - トラスト「フェルガナヴォドストロイ」技師、マルギラン市主任建築士、ウズベキスタン共産党フェルガナ州委員会教官、「セリホズテフニキ」フェルガナ州局長。
  • 1961年~1965年 - フェルガナ市執行委員会議長。
  • 1965年~1969年 - ウズベキスタン共産党シルダリヤ州委員会書記(産業担当)。
  • 1969年~1972年 - ソ連共産党中央委員会組織・党業務課教官(カレリア自治ソビエト社会主義共和国プスコフ州を監督)。
  • 1972年~1974年 - ナマンガン州執行委員会議長。
  • 1974年~1978年 - ウズベキスタン共産党アンディジャン州委員会第一書記。
  • 1978年12月~1983年 - ウズベク・ソビエト社会主義共和国最高会議幹部会議長。
  • 第10期、第11期ソ連最高会議代議員。1979年~1984年、ソ連最高会議幹部会副議長、1984年~1988年、同幹部会議員。
  • 1983年~1988年 - ウズベキスタン共産党中央委員会第一書記。
  • 1988年 - 「健康上の理由」で年金生活に入り、モスクワに転居。同年10月19日、モスクワで逮捕され、11月、ソ連共産党中央委員会幹部会は、彼を中央委員会から除名した。懲役12年を言い渡される。
  • 1990年代初め、ウズベキスタンに帰国し、フェルガナ市に在住。
  • 2017年3月17日に死去。遺体はフェルガナ州リシタンに葬られた[1]

出典[編集]

先代:
シャラフ・ラシドフ
ウズベキスタン共産党第一書記
1983年 - 1988年
次代:
ラフィク・ニシャノフ