イタリアオオカミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタリアオオカミ
Canis lupus Parc des Loups 001.jpg
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : イヌ下目 Cynoidea
: イヌ科 Canidae
亜科 : イヌ亜科 Caninae
: イヌ属 Canis
: タイリクオオカミ C. lupus
亜種 : イタリアオオカミ C.l.italicus
学名
Canis lupus italicus
和名
イタリアオオカミ
英名
Italian wolf
Distribution Canis Lupus Italicus.png
イタリアオオカミの生息域

イタリアオオカミとは、イタリアなどに棲息するオオカミである。

分布[編集]

アペニン山脈と西部アルプスの山岳地帯に棲息する。 2005年のイタリアのオオカミの個体数は500頭からなると推定される。1970年代から保護活動をしている。[1]

範囲[編集]

イタリアオオカミは、1800年代半ばまでは、シチリア島を含め、イタリア半島の広範囲に及んでいたが、 1940年代にはシチリア島から姿を消した。 1960年から1970年の間に400頭以上のイタリアオオカミが殺害された。

特徴[編集]

メスオスに比べて1割ほど小さい。 オスの平均体重は、24~40kg、体長100~140cmで体毛は黒や灰色、茶色をしている。

繁殖[編集]

メスの妊娠期間は2か月で新生児の数は、母親の年齢によって異なるが2匹から8匹を産む。

摂食[編集]

シャモアカモシカイノシシノロジカウサギなどの小動物を食べている。

脚注[編集]

  1. ^ Salvatori, V. & Linnell, J. D. C. (2005), Report on the conservation status and threats for wolf (Canis lupus) in Europe, Council of Europe, p. 12