イシュ・チェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イシュ・チェル

イシュ・チェルイシュチェルとも。Ix Chel)は、マヤ神話において、洪水出産等を司る女神である[1][2]イツァムナーの妻で[3]バカブの母。[要出典]人間に対する破壊神としての面も持つ[1]

解説[編集]

イシュ・チェルの名は「虹の婦人」を意味する[1]ほか、「月の女神」の意味があるという説もある[1][2]。また、『ドレスデン絵文書英語版』にみられる異名[2]としてチャック・チェル[1][2](Chac Chel[2]。「水(雨)の婦人」の意[1])がある。

『ドレスデン絵文書』に描かれたイシュ・チェル

頭に蛇を置き、交叉した骨が刺繍されているスカートをはいた姿で表される[3][1][2]。さらに『ドレスデン絵文書』では老女として描かれている[2]

イシュ・チェルは怒ると、天の水瓶を用いて地上に大雨を降らせ、さらに「空の虹」に助力して洪水を引き起こす。ゆえにイシュ・チェルは「怒れる老女」とも呼ばれている[3]

この女神を鎮めるには、常に生け贄を捧げなければならないとされる[4]。また、マヤ暦での第3の月シップ(シプ)には、イシュ・チェルの祭が行われたという[1]

後古典期前期にプトゥン人たちによって[要出典]コスメル島に神託所がつくられ、多くの女性巡礼者を集めた[1][2]。また、対岸付近にあるトゥルムの神殿にも壁画が描かれた。他にも、ハイナ島から出土する土偶にもイシュ・チェルを模したと考えられるものがあるなど、商人たちからも広く信仰をあつめていたことがわかる[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 加藤 (2013)、83頁。
  2. ^ a b c d e f g h ミラー&タウベ,武井訳 (2000)、58頁。
  3. ^ a b c 桂 (2000)、50頁。
  4. ^ 桂 (2000)、51頁。

参考文献[編集]