イグナチオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イグナチオ
Ignacio
ヴァンゲリススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル サウンドトラック
時間
レーベル ポリドール
プロデュース Georges Bacri
専門評論家によるレビュー
ヴァンゲリス アルバム 年表
天国と地獄
(1975年)
イグナチオ
(1975年)
野生の祭典
(1976年)
テンプレートを表示

イグナチオ』(Ignacio / Entends-Tu Les Chiens Aboyer?、再発売時の日本語題名:奇蹟のランナー)は、ヴァンゲリスのアルバム。

収録曲[編集]

  1. イグナチオ パート.1 - Entends-Tu Les Chiens Aboyer? (21:32)
  2. イグナチオ パート.2 - Entends-Tu Les Chiens Aboyer? (18:29)
  • 日本語題名・曲名及び収録時間は初発の日本国内盤LP(GP-700)による。
  • CDでは1トラックとして収録しているものがある。最初期の欧州盤CD(813 0421-2)のジャケット及び盤面では総時間を39:04と誤表記している。
  • 1983年の日本国内再発売盤LP(L25B-1048)での日本語題名・曲名は次のとおり。
  1. 奇蹟のランナー(パート1) - Entends-Tu Les Chiens Aboyer? (Part 1) (21:32)
  2. 奇蹟のランナー(パート2) - Entends-Tu Les Chiens Aboyer? (Part 2) (18:29)

概要[編集]

映画「Entends-Tu Les Chiens Aboyer?」(Can you hear the dogs barking?)のサウンドトラック。後には、この映画の題名がCDのタイトルとなり、ジャケットも変更されて再リリースされた盤が存在する(こちらを参照)。

日本では、1979年にキング・レコードがフランスのエッグ・レコードの作品群を日本国内盤としてリリースした際に、本作がその第1弾『イグナチオ』(GP-700)として発売された。1983年(LPは1月、カセットは3月)にはレーベルを変えポリドール傘下のロンドンレコードから『奇蹟のランナー』(LP:L25B-1048、カセット:M25B 1022)に題名を改め再発売された。日本国内盤としてCD化はされていない。

[編集]

アルバムのパート2の終盤(13:04辺り以降)の部分の旋律は、ミルバによって歌(ドイツ語)として次のアルバムに含まれリリースされている。

  • 『女心/ヴァンゲリスを歌う Ich hab' keine Angst』 (ドイツ盤1981年、日本盤1986年)
    • 6. 信じて欲しい - Freunde, die gar keine sind (Ignacio) (5:54) ※ 作詞: Thomas Woitkewitsch
      • 日本語曲名及び収録時間は日本国内盤LP(K28P 337)による。ただし、曲順はCD上のもの。
      • ドイツ盤CD・日本盤LPともジャケットではドイツ語曲名が「gar」を欠いた状態で誤表記されているが、歌詞表示部分では正しく表記されている。