イグナシオ・アナヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イグナシオ・アナヤIgnacio Anaya1895年8月15日 - 1975年)は、代表的なテクス・メクス料理ナチョスの考案者である。ファーストネームを短縮した愛称"ナチョ"・アナヤとして知られている。

アナヤは、アメリカテキサス州イーグル・パスと国境のリオ・グランデ川を挟んで接するメキシココアウイラ州ピエドラス・ネグラスに住み、イーグル・パス市民に人気のあったビクトリー・クラブというレストランで働いていた。1943年にアナヤはナチョスを発明し、「ナチョス・エスペシアレス」("Nachos Especiales"、「ナチョの特製料理」)としてレストランで提供した。

ナチョによるこの史上初のナチョスは、トトポス(揚げたトルティーヤチップス)に溶けたチーズハラペーニョをトッピングしたものであった。

ナチョの息子イグナシオ・アナヤ・ジュニア(Ignacio Anaya Jr.)は引退した銀行家で、現在はイーグル・パスに暮らしている。

参考文献[編集]