イェンス・ヴィルケン・ホルネマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jens Wilken Hornemann (1830)

イェンス・ヴィルケン・ホルネマン(Jens Wilken Hornemann、1770年3月6日 - 1841年7月30日)はデンマークの植物学者である。コペンハーゲン大学植物園の園長を務め、マルチン・ヴァール(Martin Vahl)の没後、『デンマーク植物誌』("Flora Danica")の改訂を引き継いだ。

略歴[ソースを編集]

南デンマーク地域のマースタル(Marstal)の司祭の息子に生まれた。コペンハーゲンでマルチン・ヴァールの講義を受けた後、植物学者の道に進み、3年間ドイツ、フランス、イギリスを旅した後、1801年からコペンハーゲン大学植物園で講師職を務め、1803年にヴァールが没するとヴァールが取り組んでいた、ゲオルク・クリスティアン・エーダーの『デンマーク植物誌』(Flora Danica) の改訂作業をひき継いだ。『デンマーク植物誌』の改訂は1840年まで続けられた。1808年からコペンハーゲン大学の教授となり、1817年にはコペンハーゲン大学植物園長となった[1]

ツツジ科の植物の属名、Hornemannia に献名されたがこれは現在はシノニムになっている。アトリ科の鳥類の種Carduelis hornemanniAcanthis hornemanni)や菌類の種、Stropharia hornemanniiにも名前がつけられている[2]。1813年にデンマーク王立科学アカデミー、1815年にスウェーデン王立科学アカデミーの会員に選ばれた。1818年にドイツの科学アカデミーレオポルディーナの会員に選ばれた。

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ Det Kongelige Bibliotek: Hornemann
  2. ^ William T. Stearn: The generic name Hornemannia and its diverse applications - Taxon 21(1): 105-111, 1972.
Hornem.は、植物の学名命名者を示す場合にイェンス・ヴィルケン・ホルネマンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)