イアン・ペイス (ピアニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イアン・ペイス (Ian Pace)はイギリス現代音楽ピアニスト音楽学者[1][2][3][4][5][6]

略歴[編集]

クイーンズ・カレッジ卒業後、ジュリアード音楽院で念願のジェルジ・シャーンドルに師事した。「シャーンドル・メソッド」から天啓を得たと語る彼はシャーンドルと同じく現代の作曲家へ興味を程なく移し、大量の新作初演を行った。20世紀音楽のレパートリーは1000曲以上に上っている。公式には英国現代ピアノ演奏コンクールで優勝後に演奏活動をはじめたことになってはいるが、それ以前にも多くの新作初演を手がけていた。

彼は1996年にマイケル・フィニスィーピアノ作品全曲演奏会を6晩にテーマ別に分けて難なく開催し、フィニスィーのピアノ音楽における功績を改めて浮き彫りにした。この覇気に打たれたフィニスィーは5時間15分を要する「音で辿る写真の歴史」を五年かけて完成。2001年に英国王立音楽院で全曲世界初演を敢行した。サウサンプトン大学音楽学部で特任ピアノ講師を務める傍ら、リサイタル活動も地道に行っていたが、音楽学者へ転身して博士号を授与された。現在はロンドン大学で教鞭をとりつつ、ピアニストとしての活動を行っている。現代音楽のみならず、ベートーヴェン-リストの「田園」とフィニスィーのイングリッシュカントリーチューンズを組み合わせるなど、レパートリーは広い。

2016年9月から2017年1月に「フィニスィーの70歳を祝う」と題して全11日のピアノ曲全曲演奏会を、ベン・スミス、フィニスィー本人とともに敢行した。このために書かれた作品も初演された[7]

ピアノ独奏を含むディスコグラフィー[編集]

  • Christopher Fox - More Light
  • Michael Finnissy - Gershwin Arrangements, More Gershwin
  • Michael Finnissy - Verdi Transcriptions, Piano Concertos 4 & 6, Snowdrift, To & Fro
  • Various Composers - Tracts
  • Walter Zimmermann - Beginner's Mind
  • Michael Finnissy - The History Of Photography In Sound ‎

脚注[編集]

  1. ^ Ian Pace”. openaccess.city.ac.uk. 2019年4月1日閲覧。
  2. ^ Ian Pace”. openaccess.city.ac.uk. 2019年4月1日閲覧。
  3. ^ Ian Pace”. sas-space.sas.ac.uk. 2019年4月1日閲覧。
  4. ^ Ian Pace”. www.tremediamusicedition.com. 2019年4月1日閲覧。
  5. ^ Ian Pace”. eprints.hud.ac.uk. 2019年4月1日閲覧。
  6. ^ Ian Pace”. searchnewmusic.org. 2019年4月1日閲覧。
  7. ^ Ian Pace”. ianpace.wordpress.com. 2019年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]