アーネスト・ブラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーネスト・ブラマ
Ernest Bramah
誕生 1868年
イギリスの旗 イギリス マンチェスター
死没 1942年6月27日
職業 作家
ジャンル ミステリー
代表作 『マックス・カラドス』
デビュー作 『カイ・ルンの財布』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アーネスト・ブラマErnest Bramah, 1868年 - 1942年6月27日)はイギリス出身の作家

生涯[編集]

イギリスのマンチェスタ郊外に生まれ、農場経営に従事。アラビアン・ナイト風の奇譚を集めた連作「カイ・ルンの財布」や盲目の探偵マックス・カラドス[1]の生みの親として知られている[2]

主な著作[編集]

マックス・カラドスもの[編集]

  • Max Carrados(1914年) 第1短編集。『マックス・カラドス』
  • The Eyes of Max Carrados(1923年) 第2短編集。『マックス・カラドスの事件簿』(東京創元社、1978年)
  • The Specimen Case(1924年) 第3短編集。『標本ケース』。カラドスものはThe Bunch of Violets 「スミレの花」のみで残りはノンシリーズの作品[3]
  • The Bravo of London (1934年)カラドス唯一の長編。『ロンドンの喝采』

カイ・ルンもの[編集]

  • The Wallet of Kai Lung (1900年)連作。『カイ・ルンの財布』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロンドンのメシュイン社で出版
  2. ^ 「名探偵登場2」 (HPB251、早川書房)、「世界短編傑作集2」解説(東京創元社、 創元推理文庫180-1)
  3. ^ 「マックス・カラドスの事件簿」経歴及び著作リスト(東京創元社、 創元推理文庫180-1)