アンペラ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンペラ
198 Ampella
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1879年6月13日
発見者 アルフォンス・ボレリー
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.459 AU
近日点距離 (q) 1.899 AU
遠日点距離 (Q) 3.019 AU
離心率 (e) 0.228
公転周期 (P) 3.86 年
軌道傾斜角 (i) 9.31
近日点引数 (ω) 88.64 度
昇交点黄経 (Ω) 268.53 度
平均近点角 (M) 32.80 度
物理的性質
直径 57.16 km
自転周期 10.383 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 8.33
アルベド(反射能) 0.2517
色指数 (B-V) 0.885
色指数 (U-B) 0.421
Template (ノート 解説) ■Project

アンペラ[1] (198 Ampella) は、小惑星帯に位置する大きな小惑星の一つで、S型小惑星である。

1879年6月13日にフランス天文学者、アルフォンス・ルイ・ニコラ・ボレリーが発見し、ギリシア神話に登場するディオニュソスの親友でサテュロスの一人アムペロス(ラテン語読みはアンペロス)から命名された。

出典[編集]

  1. ^ 全世界の観測成果 ver.2 (Excel)”. 薩摩川内市せんだい宇宙館 (2018年3月3日). 2019年3月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
アレーテ (小惑星)
小惑星
アンペラ (小惑星)
次の小惑星:
ビブリス (小惑星)