アンネ・マルグレーテ・ハウスケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

WOC2008にて
 ノルウェー
女子 オリエンテーリング
世界選手権
2008 オロモウツ スプリント
2009 ミシュコルツ リレー
2005 愛知 スプリント
2005 愛知 リレー
2007 キエフ リレー
ワールドカップ
2008 総合
2005 総合
ヨーロッパ選手権
2008 ヴェンツピルス ロング
2008 ヴェンツピルス スプリント
2002 ヴェスプレーム県 スプリント
女子 スキーオリエンテーリング
ジュニア世界選手権
1996 バンスカー・ビストリツァ リレー
1996 バンスカー・ビストリツァ クラシック

アンネ・マルグレーテ・ハウスケンAnne Margrethe Hausken1976年1月23日 - )はノルウェーを代表するオリエンテーリング選手[1]であり、世界選手権(WOC)、ヨーロッパ選手権(EOC)、ワールドカップのいずれでも優勝経験がある。オスロ在住。

世界選手権[編集]

WOC2008スプリント表彰式: 左からカウッピ (銀), ハウスケン (金), ヤンソン (銅)。 同年のワールドカップ総合表彰でも三者同様の順位だった。

ハウスケンが最初に世界選手権(WOC)の舞台で入賞を果たしたのは2005年のWOC2005(日本の旗 日本愛知)でのことだった。スプリント競技でシモーネ・ニグリ=ルーダーに次ぐタイムを叩き出し、銀メダルを獲得する。同大会ではリレー競技でも銀メダルを得た。2年後のWOC2007( ウクライナキエフ)ではリレー競技で銅メダルを獲得。そしてついに金メダルを獲得するのがその翌年、WOC2008( チェコオロモウツ)でのことである。スプリント競技でミンナ・カウピヘレナ・ヤンソンを上回るタイムでフィニッシュし、見事に世界の頂点に立った。翌2009年、WOC2009( ハンガリーミシュコルツ)でもリレー競技で金メダルを獲得している。

また、ワールドカップでは2005年に総合3位、2008年に総合優勝を果たしている。


ヨーロッパ選手権[編集]

ハウスケンは2008年にヴェンツピルスで開かれたヨーロッパ選手権(EOC2008)で大きな成功を修めた。スプリント競技(2.5km)ではヘリ・ユッコラを3秒差で制し、またロング競技(11km)ではロシアスウェーデンのライバル達を制し2冠を達成した。ハウスケンがEOCでメダルを獲得するのは2002年にスプリント競技で銅メダルを得て以来のことだった。

スキーオリエンテーリング[編集]

ハウスケンはジュニア時代にスキーオリエンテーリングでもその才能を遺憾なく発揮した。1996年のジュニア世界選手権で金メダル1枚、銀メダル1枚を獲得している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]