アンドゥイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドゥイユ
Andouille.jpg
クレオールのアンドゥイユ
フルコース ソーセージ
発祥地 フランス
主な材料 豚肉ニンニク黒コショウタマネギワイン、ブタの小腸トライプ
テンプレートを表示

アンドゥイユ(Andouille)は、フランスに起源を持つ豚肉燻製ソーセージである。俗ラテン語で「主導する」という意味の動詞inducerという言葉に由来する。フランス人移民によりルイジアナ州に持ち込まれ、多くのクレオール料理に用いられる。

アメリカ合衆国のアンドゥイユ[編集]

アメリカ合衆国では、このソーセージはルイジアナ州のクレオール料理によく用いられる。豚肉ニンニクコショウタマネギワイン、調味料から作る粗挽きの燻製ソーセージである。燻製した肩肉を詰めた後に再び燻製する[1]。「世界のアンドゥイユの首都」と綽名される、ミシシッピ川上のルイジアナ州ラプラスは、特にクレオール風のアンドゥイユで有名である[2]

ルイジアナ州ラファイエット西方のケイジャンでは、フランスとよく似たアンドゥイユが作られる。ブタの腸を塩とカイエンヌペッパーで味付けし、水とに一晩浸し、よくすすいでからもう一方に縦方向に詰める。これらをカットしてひもで結び、燻製室に吊るす。密度が高いため、捩じることはしない。切った時には、腸の同心円状の輪が見える。

ホットリンクとよく似ているが別物である。

フランスのアンドゥイユ[編集]

フランスの特にブルターニュ[3]では、アンドゥイユの伝統的な材料は、ブタの小腸トライプ、タマネギ、ワイン、調味料である。通常、灰色をしており、独特の匂いを持つ。小型のものは、「小さいアンドゥイユ」という意味のアンドゥイレットと呼ばれる。ブタの消化器系全体を使うものもある。

その他[編集]

フランス語でこの言葉は、愚鈍やならず者を意味し、侮蔑の表現にも用いられる[4]。例えば、フランス語版の『ザ・シンプソンズ』では、ホーマー・シンプソンが隣人のフランダース家を罵る時にAndouille de Flanders!という表現を用いる。

出典[編集]

  1. ^ "Andouille sausage (Gastronomy) - Definition" (various), MiMi.hu, 2006, webpage: Hu-Andou.
  2. ^ Dining & Bars”. NOLA.com. 2014年1月13日閲覧。
  3. ^ http://www.produitenbretagne.com/catalogue/produits-alimentaires?field_product_trademark_value=&field_food_product_category_tid=1641
  4. ^ Davidson, Alan, and Tom Jaine. The Oxford Companion to Food. Oxford University Press, USA, 2006. 805. Print. Retrieved Aug. 09, 2010, from [1]