アントニオ・ドンナルンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニオ・ドンナルンマ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Antonio Donnarumma
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1990-07-07) 1990年7月7日(28歳)
出身地 カステッランマーレ・ディ・スタービア
身長 195cm
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション GK
背番号 90
ユース
1999-2005 イタリアの旗 SSユーヴェ・スタビア
2005-2009 イタリアの旗 ACミラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 イタリアの旗 ACミラン 0 (0)
2010-2011 イタリアの旗 ピアチェンツァ (loan) 2 (0)
2011-2012 イタリアの旗 グッビオ (loan) 37 (0)
2012-2016 イタリアの旗 ジェノア 1 (0)
2014-2015 イタリアの旗 バーリ (loan) 25 (0)
2016-2017 ギリシャの旗 アステラス・トリポリス 21 (0)
2017- イタリアの旗 ACミラン 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・ドンナルンマ(Antonio Donnarumma,1990年7月7日 - )は、イタリアカステッランマーレ・ディ・スタービア出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパーセリエAACミラン所属。ジャンルイジ・ドンナルンマは実弟。苗字は「ドンナルンマ」と表記されることが多いであるが、カナ転記としては「ドンナルッマ」が現地音に近い。

経歴[編集]

15歳の時にACミランの下部組織に入団した。2008年にトップチーム昇格を果たすが出番はなく、まもなくセリエBピアチェンツァ・カルチョに貸し出された[1]。しかし2試合のみの出場と機会に恵まれず、2011年にはASグッビオ1910に貸し出された。

グッビオでのデビュー戦となった2011年8月15日のコッパ・イタリア2回戦、ベネヴェント・カルチョ戦ではPKをストップするなどチームを救う活躍を見せ、3-2の勝利に貢献した[2]。その後は主力として、37試合に出場した。

2012年8月31日、セリエAに所属するジェノアCFCに180万ユーロで移籍した[3]

2016年6月27日、ギリシャ・スーパーリーグアステラス・トリポリスFCに3年契約で移籍した[4]

2017年6月12日、ACミランと4年契約を結び再度所属することとなった。ジャンルイジ・ドンナルンママルコ・ストラーリの控えとして加入した。年俸は100万ユーロで、第3GKとしては比較的高額であるという声も上がっている[5][6]

個人成績[編集]

2019年2月22日現在
クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ミラン 2009-10 0 0 0 0 0 0 0 0
2017-18 0 0 1 0 1 0 2 0
2018-17 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 0 0 1 0 1 0 0 0 2 0
ピアチェンツァ (loan) 2010-11 2 0 2 0 1 0 5 0
グッビオ (loan) 2011-12 37 0 2 0 39 0
ジェノア 2012-13 1 0 0 0 1 0
2013-14 0 0 0 0 0 0
2015-16 0 0 0 0 0 0
通算 1 0 0 0 1 0
バーリ (loan) 2014-15 25 0 2 0 27 0
アステラス・トリポリス 2016-17 21 0 2 0 23 0
総通算 86 0 9 0 1 0 1 0 97 0

エピソード[編集]

2016-17シーズン終了後、弟のジャンルイジ・ドンナルンマとの契約延長をミランはスムーズに行うことができず、交渉は難航していた。一方のジャンルイジは交渉条件として兄のミラン復帰を提示していた。そのためミランはアントニオを復帰させることとなったが、ジャンルイジとの契約延長を果たすことができた[7]

脚注[編集]