アンサンブル・モデルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンサンブル・モデルン
Ensemble Modern 2020-02 Hamburg.jpg
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ フランクフルト・アム・マイン
ジャンル クラシック音楽現代音楽
活動期間 1980年~
公式サイト http://www.ensemble-modern.com

アンサンブル・モデルンドイツ語: Ensemble Modern)は、現代音楽の解釈を専門とするドイツの室内合奏団である。

沿革[編集]

1980年にユンゲ・ドイツ・フィルハーモニーを母体に結成され、フランクフルト・アム・マインを拠点に国際的に活動している。

団員はおよそ20名で、諸外国からの出身者も含む。幅広い演奏旅行や、数多くの録音によって知られており、エドガー・ヴァレーズチャールズ・アイヴズクルト・ヴァイルオリヴィエ・メシアンコンロン・ナンカロウカールハインツ・シュトックハウゼンヘルムート・ラッヘンマンヴォルフガング・リームスティーヴ・ライヒフランク・ザッパジョージ・ベンジャミンアンソニー・ブラクストンハイナー・ゲッベルスらの作品をレパートリーとする。

指揮者音楽監督を特に定めてはいないが、楽団員の一定の水準の高さと自発的な演奏姿勢で知られ、リズムやテンポの複雑な難曲を弾きこなす能力は評価が高い。例年100回の演奏会を行い、20曲の初演を行なってきた。

受賞・栄誉[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アンサンブル・モデルンは、100以上の録音作品にクレジットされている[1]。下記はその例:

脚注[編集]

外部リンク[編集]