アワーミー国民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パキスタンの旗 パキスタン政党
アワーミー国民党
パシュトー語: ملي عوامي ګوند
ウルドゥー語: عوامی نيشنل پارٹی
英語: Awami National Party, ANP
Red flag.svg
平和・民主主義・発展(党のモットー)
党首 アスファンデャル・ワリー・ハーン
成立年月日 1986年
国民議会議席数
1 / 342   (0%)
(2013年6月5日)
元老院議席数
12 / 104   (12%)
(2013年5月24日)
政治的思想・立場 左翼または中道左派
民主社会主義
パシュトゥーン民族主義
世俗主義
シンボル 赤い帽子
公式サイト Awami National Party Official Site
テンプレートを表示

アワーミー国民党パシュトー語: ملي عوامي ګوندウルドゥー語: عوامی نيشنل پارٹی‎、英語: Awami National Party、略称ANP)は、パキスタン政党アワーミー民族党アワミ民族党アワミ国民党などと表記される場合もある。

1986年ワリー・ハーン英語版らによってパシュトゥーン民族主義を掲げる政党として旗揚げした。ワリー・ハーンはインド独立運動においてインド国民会議派マハトマ・ガンディー非暴力不服従路線を支持し、また統一インドの形成を求めて印パ分離に強く反対したアブドゥル・ガッファール・ハーン英語版(バッチャ・ハーンとしても知られる)の息子であり、同党も父の路線を引き継いで政教分離を明確にしている[1]

経済政策民主社会主義で、政策が近いパキスタン人民党とは左翼地域政党の色彩が強い政党として地域的に相互補完関係にあるため協力することも多く、たびたび連立政権を組んできた。

党の基礎理念を形成したバッチャ・ハーン(1890-1988)

現在の党首はアスファンデャル・ワリー・ハーン英語版(ワリー・ハーンの息子、バッチャ・ハーンの孫。ただしアワーミー国民党は党首の4年任期を厳格に守っており、バッチャ・ハーンの一族だけが党首となってきたわけではない)。主な地盤はカイバル・パクトゥンクワ州バローチスターン州パシュトゥーン人(一部カラチなどのパシュトー語コミュニティも含む)で、イスラーム主義統一行動評議会とは真正面から競合する。このため、しばしばテロ組織パキスタン・ターリバーン運動の標的にされ、2013年のパキスタン下院総選挙英語版では自爆テロなどの攻撃にさらされるなか[2]党の汚職体質や経済無策を批判されたパキスタン人民党と連立してきたこともあり、惨敗した。しかしなお上院では有力な勢力となっている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「中東・イスラーム諸国の民主化」データベース » パキスタン » パキスタン・政党 アワーミー国民党
  2. ^ パキスタン総選挙 タリバン運動の攻撃が激化 『産経新聞』2013.4.24

外部リンク[編集]