アレロケミカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アレロケミカル(allelochemical)は、生物の個体間に作用する生化学的信号物質(インフォケミカル, infochemical)のうち、異種個体間に作用するもの。同種個体間に作用するものはフェロモン

アレロケミカルは、産生および受容する生物の受ける影響によって、アロモンカイロモンシノモンに分けられる。

アロモンでは、産生側が利益を得る。植物の生産する摂食阻害物質や、複雑な例では食植者に摂食された植物が合成する食植者に対する捕食寄生者の誘引物質などがある。

カイロモンでは、産生側が害を被る。分かりやすい例では「獲物の匂い」すなわち捕食者誘引物質など。

シノモンでは、両者ともに利益を得る。具体的な例としては「花の香り」が相当する。この例では花は花粉を運んでもらうことができ、誘引された昆虫などの送粉者は蜜や花粉を得ることができる。

関連項目[編集]