アレクサンドル・オストロフスキー (劇作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
肖像写真(1870年頃)

アレクサンドル・ニコラーエヴィチ・オストロフスキーロシア語: Алекса́ндр Никола́евич Остро́вский, 1823年4月12日ユリウス暦 3月31日) - 1886年6月14日ユリウス暦 6月2日))は、ロシア劇作家

来歴[編集]

モスクワで生まれた。4子の1人。父親は法律家で、長年の功績によって1839年に貴族の称号を獲得している。母親はまもなく死去した。

高校卒業後、1840年から1843年にかけてモスクワ大学法学部で法を学ぶ[1]。父親の達ての願いもあってモスクワ商業裁判所に勤務、並行して1846年ころから戯曲を書き始める。1850年に「内輪のことだ、あとで勘定を!」を書き上げたのが最初の戯曲。1851年、演劇に専念することを決断した。商人社会や腐敗した貴族社会を作品でえがいた。

1859年に戯曲『雷雨』や1873年の戯曲『雪娘』を書下ろし、モスクワにあるマールイ劇場で上演された。長年にわたってマールイ劇場と関わり、改革、発展に尽力した。

ロシアで最も上演回数の多い劇作家であるとされる。その栄誉からモスクワ右岸地域のコロンブスとも呼ばれた。

また役者であるミハイル・シェープキンとも交流があった。

作品[編集]

  • 『雪姫』松田衛訳 世界童話大系 第20巻 世界童話大系刊行会 1924年
  • 『賢者の抜け目』 熊沢復六訳 世界戯曲全集 世界戯曲全集刊行会 1928年
  • 『雷雨』 八住利雄訳 世界戯曲全集刊行会 1928年
  • 『森林』 熊沢復六訳 世界戯曲全集刊行会 1928年
  • 『収入ある地位』 石山正三訳 日本評論社 1947年
  • 『狼と羊』 石山正三訳 弘文堂 1948年
  • 『どんな賢人にもぬかりはある』 石山正三訳 日本評論社 1949年
  • 『パフカ物語』袋一平訳 小峰書店 1968年

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ Encyclopædia Britannica

V・I・イワシネフ『評伝シェープキン ロシア・リアリズム演劇の源流』而立書房 2014年

『ロシアの演劇ー起源、歴史、ソ連崩壊後の展開、21世紀の新しい演劇の探求』

2013年 マイヤ・コバヒゼ著  生活ジャーナル

外部リンク[編集]