アルフェニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラジルゴイアス州のアルフェニン

アルフェニンポルトガル語: alfenim)はポルトガルアゾレス諸島テルセイラ島の白い砂糖菓子。砂糖に水とを加えて熱し、状にしたのち、引き伸ばしながら花や鳥、動物などの形に成形する飴細工の一種である。

食用以外では、聖霊祭守護聖人に対して病気やけがの治癒を感謝する際の奉納物としても用いられ、その場合は聖霊の象徴とされるをはじめ、教会の建物をかたどったものや、手や足などけがをした体の部分を模したアルフェニンが捧げられる。日持ちがするため、テルセイラ島の土産物ともなっている。

日本の南蛮菓子有平糖」の語源になったという説もある。

参考文献[編集]

  • 荒尾美代「アルヘイトウ」『南蛮スペイン・ポルトガル料理のふしぎ探検』日本テレビ、1992年、pp. 48-51. ISBN 482039214X
  • 荒尾美代「南蛮菓子と砂糖の関係」農畜産業振興機構、2005年12月