アルトミュール川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルトミュール川
アルトミュール川
アルトミュール川
延長 230 km
水源の標高 -- m
河口・合流先 ドナウ川
流域 ドイツの旗 ドイツミッテルフランケン
テンプレートを表示

アルトミュール川(Altmühl)は、ドイツバイエルン州ミッテルフランケンを流れる河川。ドナウ川の支流で、長さは230km。

流路[編集]

水源はアンスバッハ付近。ここから南東方向に流れ、グンツェンハウゼン北のアルトミュール湖に注ぐ。そこから山地を避けるため大きなカーブを描く。この一帯は蛇行するアルトミュール川が削った渓谷が広がり、アルトミュールタール自然公園に指定されている。

流路が直線的になるディートフルト・アン・デア・アルトミュールライン・マイン・ドナウ運河に合流する。この運河は環境保護団体の反対があったものの、1992年に無事開通した[1]

最終的にケールハイムでドナウ川に合流する。

川沿いの市町村[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アルトミュール川に関するカテゴリがあります。