アルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジュニオール Football pictogram.svg
名前
本名 アルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール
Arthur Antunes Coimbra Junior
ラテン文字 JUNIOR
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1977-10-15) 1977年10月15日(41歳)
出身地 ブラジル
身長 179cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF (OH)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュニオールことアルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール(Arthur Antunes Coimbra Junior, 1977年10月15日-)は、ブラジル出身の元サッカー選手。攻撃的ミッドフィールダー。父は元ブラジル代表および日本代表監督のジーコ。妻は日系人である[1]

フルミネンセでプロ選手としてのキャリアをスタートさせ、父ジーコが創設したクラブCFZ・ド・リオで多くの時間を過ごした。

2000年には、かつて父ジーコが在籍したセリエAウディネーゼ・カルチョの入団テストを受けたが、契約には至らず。その後はUSAニューイングランド・レヴォリューション、2003年はJ2サガン鳥栖へとそれぞれCFZ・ド・リオからの期限付き移籍で在籍した。鳥栖では開幕の一週間前にようやく来日したが、低調なパフォーマンスが続き6月に契約解除された。引退後はCFZの社長を務めている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

J2通算 2試合出場0得点

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 2011年6月3日