アルコRS-11形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルコ RS-11形ディーゼル機関車は、車軸配置B-Bの、ロード・スイッチャータイプの電気式ディーゼル機関車である。RS-3形の出力を増強したモデルで、1956年2月から1961年5月にかけて、アルコにて合計426両が製造された。うち327両がアメリカ国内へ、99両がメキシコへ納入された。

解説[編集]

本形式は、アルコのヒット作であるRS-3形に替わるモデルとして設計された。搭載するエンジンが244型から251型へと変更され、出力は1,800馬力(1,300kw)となった。これは、その2年前から製造開始された1,800馬力のGM-EMDGP9形への対抗馬としてのものであった。

ルーツ式スーパーチャージャーを備えたGP9形と比較するとターボチャージャーを備えた本形式は加速に優れ、粘着牽引力も強く、燃費もよかった。使い勝手のよさから、重量貨物列車の牽引から旅客列車の牽引まで、幅広い使われ形をされた。

新製時の所有者[編集]

もっとも多くのRS-11形を所有したのは、ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道(NW)であった。99両を購入し、1964年ニッケル・プレート鉄道(NKP)との合併後にはさらに35両を購入した。ほかにもノーザン・パシフィック鉄道(NP)、ペンシルベニア鉄道(PRR)、サザン鉄道、メキシコのメキシコ国鉄(NdeM)も導入し、4社とも追加のオーダーをした。

そうして8年間にわたり合計426両が製造され、アメリカへ327両、メキシコへ99両が納められた。この成功により、アルコはロード・スイッチャー製造においてEMDの対抗勢力たる地位を確固たるものにした。

現況[編集]

2007年現在でも使用されている車両がいくつかあり、アメリカ国内の支線においてその姿を見ることができる。

主要諸元[編集]

  • 製造年月:1956年2月 - 1961年5月
  • 製造両数:426両
  • 軸配置:B-B
  • 機関:ALCO251B型 V型12気筒4ストロークディーゼルエンジン(131.288cc)
  • 機関搭載数:1基
  • 最大出力:1,800馬力(1,300kw)

関連項目[編集]

参考文献[編集]