アユーブ・ブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アユーブ・ブリッジ
ایوب پل
Ayub Bridge
アユーブ・ブリッジ
インダス川に架かるアユーブ・ブリッジ(手前)
奥のトラス橋は元併用橋のランズドーン・ブリッジ
基本情報
 パキスタン
所在地 ローリ英語版 - サッカル
交差物件 インダス川
設計者
施工者
デビッド・B・スタインマン
建設 1959年 - 1962年
座標 北緯27度41分37.6秒
東経68度53分17.6秒
座標: 北緯27度41分37.6秒 東経68度53分17.6秒
構造諸元
形式 トラスアーチ橋
材料
全長 310メートル (1,017 ft)
最大支間長 245メートル (804 ft)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

アユーブ・ブリッジウルドゥー語: ایوب پل: Ayub Bridge)は、パキスタン・イスラム共和国シンド州ローリ英語版およびサッカル間のインダス川に架かる鉄道橋である。

当橋梁は、1960年12月9日アーチ橋礎石が敷設されており、1962年5月6日にはムハンマド・アユーブ・ハーン大統領によって開通式が行われた。 顧問技術者は、デビッド・B・スタインマンであった[1]

アユーブ・ブリッジは、世界で3番目に長い鉄道のアーチ径間であり、コイル状のワイヤーロープ・サスペンダーで吊られた世界で最初の鉄道橋となっている。

当橋梁の完成により、隣接しているランズドーン・ブリッジ英語版鉄道道路併用橋)から、鉄道交通が当橋梁へと移されている[1]

左:鉄道用のアユーブ・ブリッジ
右:道路用のランズドーン・ブリッジ(元併用橋)


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アユーブ・ブリッジに関するカテゴリがあります。