アメリカ航空宇宙学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
American Institute of Aeronautics and Astronautics
略称 AIAA
設立年 1963年7月 (1963-07)
メンバー 約30,000名
ウェブサイト 公式ウェブサイト

アメリカ航空宇宙学会(アメリカこうくううちゅうがっかい、英称: American Institute of Aeronautics and Astronautics、略称: AIAA)は、アメリカ合衆国航空宇宙工学とその関連分野の学会である[1]

概要[編集]

1963年に設立され、現在ではこの種の学術団体としては世界最大規模となる82か国の3万人の会員と、164の学生支部の6500人以上の学生会員を擁する[1]

活動[編集]

学会誌の出版、賞の授与、学会の開催等、多岐にわたる。

ライトフライヤー号の複製機の作成[編集]

ロサンゼルス支部の会員達によって製作されたライトフライヤー号の複製機のエイムズ研究センターでの風洞実験

ロサンゼルス支部の会員達によってスミソニアン協会によって提供された資料を基にライトフライヤー号の複製機が製作された。1999年3月に実物大の複製機がNASAエイムズ研究センター風洞で歴史的な飛行のデータを収集する目的で実験された。2週間の間に技術者達は複製機の安定性、飛行特性を調査した[2]。複製機は寸分違わぬものだったが、風洞内に設置するために実機よりも幾分強化された[3]

沿革[編集]

  • 1930年 - アメリカ惑星協会(American Interplanetary Society)が設立された。[1]
  • 1932年 - 航空宇宙科学学会(IAS)が設立された[1]
  • 1934年 - アメリカ惑星協会がアメリカロケット協会(ARS)に改組された。
  • 1963年7月 - アメリカロケット協会と航空宇宙科学学会が合併してアメリカ航空宇宙学会が設立された。[1]
  • 1988年 - ニューヨークからワシントンD.Cに移転[1]
  • 1996年 - AIAA財団を設立した[1]
  • 2003年7月 - ライト兄弟の動力飛行百周年を祝った[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]