アメリカヌマジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカヌマジカ
アメリカヌマジカ
アメリカヌマジカ Blastocerus dichotomus
保全状況評価[1][2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目 Artiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
下目 : Pecora
: シカ科 Cervidae
亜科 : オジロジカ亜科 Odocoilinae
: アメリカヌマジカ属
Blastocerus Wagner, 1844[3]
: アメリカヌマジカ
B. dichotomus
学名
Blastocerus dichotomus (Illiger, 1815)[3]
シノニム

Cervus dichotomus Illiger, 1815[3]

和名
アメリカヌマジカ[4]
英名
Marsh deer[5]

アメリカヌマジカBlastocerus dichotomus)は、偶蹄目シカ科アメリカヌマジカ属に分類されるシカ。本種のみでアメリカヌマジカ属を構成する。

分布[編集]

アルゼンチン北東部および中東部、パラグアイブラジル南部および中西部、ペルー南東部、ボリビア東部[2]

模式標本の産地(模式産地)はパラグアイ[3]ウルグアイでは絶滅[2][5]

形態[編集]

体長153 - 195センチメートル[4]。尾長10 - 16センチメートル[4]。肩高110 - 127センチメートル[3][4]体重80 - 150キログラム[4]。南アメリカに分布するシカ科の構成種では最大種[2][4]。全身は長く粗い体毛で被われる[4]。夏毛は明赤褐色で、冬毛は暗褐色[4]。眼の周囲や耳介の内側は白い[4][5]。鼻面は黒い縦縞が入る[4]。四肢の下部は黒い[4][5]

耳介は大型[4]。蹄は幅広く、10センチメートル以上広げることもでき左右の蹄が皮膜で繋がる[4][5]。これにより接地面が大きくなり、ぬかるんだ場所でも足をとられずに移動する事ができる[5]

オスには太く、1回枝分かれした後にさらに細かく枝分かれする角がある[4]。角の長さは最大61センチメートル[4]。角が落ちる時期(繁殖期)は不定的[4]。オスにのみ犬歯がある[4]

生態[編集]

河川の周辺にある湿原氾濫原などに生息する[4]。単独やペア、6頭までの小規模な群れを形成し生活することが多い[2][4]。主に薄暮時から夜間にかけて採食を行うが、昼間に活動する事もある[4]。洪水が起きると島状になった陸地に集まる[2][4]

食性は植物食で、草本、木本の小枝や葉、水生植物などを食べる[4]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は9か月[5]パンタナルでは少なくとも4 - 9月は繁殖期とする報告例もある[4]。1回に1頭の幼獣を産む[4]

人間との関係[編集]

生息地では肉が食用とされたり、毛皮が利用される事もある[4]

農地開発・ダムや水力発電所建設・干拓による生息地の破壊、金採掘による水質汚染、密猟、スポーツハンティングによる乱獲、家畜との競合や伝染病の蔓延などにより生息数は減少している[2][4][5]。パンタナルでの1998年における生息数は36,314頭が確認されている[4]。ウルグアイでは1958年以降は記録がなく、絶滅したとされる[2]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed Oct 17, 2015)
  2. ^ a b c d e f g h Duarte, J.M.B., Varela, D., Piovezan, U., Beccaceci, M.D. & Garcia, J.E. 2008. Blastocerus dichotomus. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T2828A9486864. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T2828A9486864.en . Downloaded on 16 October 2015.
  3. ^ a b c d e Laurenz Pinder and Andrea P. Grosse, "Blastocerus dichotomus," Mammalian Species, No. 380, American Society of Mammalogists, 1991, pp. 1-4.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 小原秀雄 「アメリカヌマジカ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ2 アマゾン』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2001年、40-41、125-126頁。
  5. ^ a b c d e f g h Epps, C. 2000. "Blastocerus dichotomus" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed October 17, 2015 at http://animaldiversity.org/accounts/Blastocerus_dichotomus/

関連項目[編集]