アミルカル・カブラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミルカル・カブラル
Stamps of Germany (DDR) 1978, MiNr 2293.jpg
東ドイツの切手に描かれたアミルカル・カブラル
生年: 1924年9月12日
生地: Flag of Portugal.svgポルトガル領ギニアバファタ
没年: 1973年1月20日
没地: ギニアの旗ギニアコナクリ
活動: ギニアビサウ独立戦争
所属: ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党

アミルカル・ロペス・カブラル(Amílcar Lopes Cabral、1924年9月12日1973年1月20日)は旧ポルトガル領ギニア出身の農業技術者、作家、革命家である。弟のルイス・カブラルは後にギニアビサウ共和国の初代大統領となった。

略歴[編集]

ポルトガル領ギニアのバファタにて、教師の父の息子として生まれた。両親はカーボベルデ出身だった。幼くしてカーボベルデに渡り、中等教育までをカーボベルデで受けた後、1945年から当時の宗主国であったポルトガルの首都リスボン農学を学んだ。リスボンでの学生時代にリスボン大学アンゴラ出身のアゴスティーニョ・ネトと出会い、アフリカ人のナショナリズム運動を立ち上げた。

1952年にポルトガル人のマリア・エレーナ・カブラルと結婚した後にポルトガル領ギニアに戻り、農業技術者として働いた後にポルトガル領ギニアとカーボベルデの独立運動を展開し始めたため、当局によって1954年にアンゴラに追放された。帰国後1956年9月19日にギニアとカーボベルデの独立を目指すアフリカ独立党(PAI)を設立し、同年12月にはネトと共にアンゴラ解放人民運動(MPLA)の設立に携わっている。

カブラルの独立運動は当初は穏健なものだったが、1959年8月3日にポルトガル軍ビサウの港湾労働者のストライキを武力で弾圧したピジギチの虐殺の後、カブラルは武装闘争による独立を検討し、1960年10月にPAIを改組してギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(Partido Africano da Independência da Guiné e Cabo Verde、PAIGC:ポルトガル語) を設立した。

1963年初頭に、カブラルはPAIGCを指導してティテのポルトガル軍基地を襲撃し、ギニアビサウ独立戦争が始まった。ギニア共和国セネガルといった周辺諸国や、キューバをはじめとする東側諸国の支援を得た武装闘争によってPAIGCは着実に解放区を拡大し、カブラルはギニアビサウにおける実質的な指導者となった。

1972年にアフリカの国家独立のための準備として人民議会の創設を始めたが、1973年1月20日に、ギニア共和国コナクリにて、ポルトガル秘密警察PIDE英語版の支援を受けた不満を持つかつての仲間によって暗殺された。

カーボベルデのサル島にあるアミルカル・カブラル国際空港の名の由来となっている。

著作[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]