アブルハサン・アリー (ナスル朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アブルハサン・アリー
ابو الحسن علی
ナスル朝君主
在位 1464年 - 1482年
1483年 - 1485年
死去 1485年
子女 ムハンマド11世
王朝 ナスル朝
テンプレートを表示

アブルハサン・アリーアラビア語: ابو الحسن علی‎; Abu'l Ḥasan ʿAlī, 生年不明 - 1485年)は、ナスル朝最末期の君主(在位:1464年 - 1482年1483年 - 1485年)。最後の君主ムハンマド11世(ボアブディルの名で有名)の父である。

生涯[編集]

一族内での権力確立や軍の再編成を通じ、衰勢のナスル朝の勢力回復を目指す。アラゴン王国カスティーリャ王国の連合などによる攻勢にも必死の抗戦を繰り返すが、宮廷の内紛などもおこり挽回はならなかった。

息子ムハンマド(ボアブディル)と対立、1482年には息子がムハンマド11世として即位し、翌1483年にはカトリック両王によりムハンマドの王位が認められた[1]

アブルハサン・アリーは1485年に死去、弟ムハンマド12世が即位した。

脚注[編集]

  1. ^ 関 他、p. 259

参考文献[編集]

  • 関哲行 他 編 『世界歴史体系 スペイン史 1』 山川出版社、2008年

関連項目[編集]

先代:
サード
ナスル朝の君主
1464年 - 1482年
次代:
ムハンマド11世(ボアブディル
先代:
ムハンマド11世(ボアブディル)
ナスル朝の君主
1483年 - 1485年
次代:
ムハンマド12世