アブミ骨筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アブミ骨筋
Musculusstapedius.png
The medial wall and part of the posterior and anterior walls of the right tympanic cavity, lateral view.
ラテン語 musculus stapedius
英語 Stapedius
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
錐体隆起の壁
アブミ骨頸の後面
作用 内耳に向かうの調節
テンプレートを表示

アブミ骨筋(アブミこつきん、英語:Stapedius muscle、ラテン語:Musculus stapedius)は、耳小骨筋のひとつである。錐体腔の壁で起始し、耳小骨(アブミ骨頸の後面)に停止する。顔面神経支配され、鼓膜張筋とともに音を調節し、小さくする。顔面神経麻痺では、音を調節できないため、音が大きくなり、耳鳴りを訴える。