アフリカ豚コレラウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフリカ豚コレラウイルス
分類(ウイルス)
: アスファウイルス科
: アスファウイルス属
ブタの耳の発赤(アフリカ豚コレラの一般症状)

アフリカ豚コレラウイルス(アフリカぶたコレラウイルス<または「アフリカとんコレラウィルス」>、African swine fever virus; ASFV)とはアフリカ豚コレラの病原体。アフリカ豚コレラウイルスは大型の二本鎖DNAウイルスでありウイルスの増殖は細胞質で行われる。アフリカ豚コレラウイルスはアスファウイルス科に属する唯一のウイルスである[1]

概要[編集]

アフリカ豚コレラウイルスは節足動物によって伝染する、二本鎖DNAゲノムを有する唯一の既知のウイルスである。アフリカ豚コレラウイルスはブタに致死性の出血性疾患を引き起こし、いくつかの分離株は感染後1週間程度で死に至らせることがある。ブタ以外の動物では目立った症状を引き起こさない。アフリカ豚コレラウイルスはサハラ以南のアフリカにおいてダニブタイボイノシシカワイノシシ英語版の間で感染環を形成して、野生に存在している。この病気は、ヨーロッパの移住者がブタをアフリカ豚コレラの流行地域に連れて行った後に初めて記載されたものであり、それ自体、「新興感染症」の一例である。

アフリカ豚コレラウイルスによる症状は豚コレラウイルスによる症状と非常に類似しており、一般にその鑑別には実験室診断が必要である。[要出典]

出典[編集]

  1. ^ Dixon et al (2008). “African Swine Fever Virus”. Animal Viruses: Molecular Biology. Caister Academic Press. ISBN 978-1-904455-22-6. http://www.horizonpress.com/avir.