アフリカンローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフリカンローズ
欧字表記 African Rose
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2005年5月28日(13歳)
Observatory
New Orchid
母の父 Quest for Fame
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 ジャドモントファーム
馬主 ハーリド・ビン・アブドゥッラー
調教師 C.ヘッドシャンティイ
競走成績
生涯成績 13戦3勝(総合)
11戦2勝(フランス)
2戦1勝(イギリス)
獲得賞金 14万8500ユーロ(フランス)
9万3670UKポンド(イギリス)
テンプレートを表示

アフリカンローズ (African Rose) とはイギリスで生産された元競走馬である。

経歴[編集]

2007年(2歳)

7月に競走馬デビュー戦をクリストフ・スミヨンが騎乗して迎え、デビュー初戦は2着だった。続く約1ヶ月後のデビュー2戦目は以降主戦騎手となるステファン・パスキエに乗り替わってレースを制して初勝利を挙げた。その後は重賞戦線を走り、9月のオマール賞(G3)と10月のレゼルヴォワール賞(G3)でともに3着となり、その後は休養に入り4戦1勝で3歳を終えた。

2008年(3歳)

休養明け初戦となった4月の一般戦で3着、続く1ヶ月後のポンヌフ賞(準重賞)を制して2勝目を挙げた。さらに約1ヵ月後のポルトマイヨ賞(G3)で4着、8月にはG1競走初挑戦となるモーリス・ド・ゲスト賞に出走し、マルシャンドールに敗れたが2着となった。その後の9月にイギリスへ遠征して出走したスプリントカップを1番人気で制しG1競走初勝利を挙げた。この勝利は鞍上のパスキエとヘッド厩舎にとっても同競走初勝利となった。レース後は帰国し、10月にフォレ賞へ出走したがパコボーイに敗れて7着という結果に終わりその後は休養に入った。

2009年(4歳)

休養を終えて5月31日グロシェーヌ賞(G2)から復帰したが、4着に終わる。続く7月10日ジュライカップでは見せ場がなく6着に敗れた。続く8月9日モーリスドゲスト賞ではブービーの11着と大敗し、このレースを最後に現役を引退した。

血統表[編集]

アフリカンローズ血統ミスタープロスペクター系Northern Dancer 4×4=12.50%、Nijinsky II 3×5=15.63%(母内) (血統表の出典)

Observatory
1997 栗毛
父の父
Distant View
1991 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Seven Springs Irish River
La Trinite
父の母
Stellaria
1986 栗毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Victoria Star Northern Dancer
Solometeor

New Orchid
2000 鹿毛
Quest for Fame
1987 黒鹿毛
Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Aryenne Green Dancer
Americaine
母の母
Musicanti
1991 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Populi Star Envoy
Sister Shannon F-No.4-f
血統背景

外部リンク[編集]