アフマドナガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アフマドナガルマラーティー語:अहमदनगर, 英語:Ahmadnagar/Ahmednagar)は、インドマハーラーシュトラ州アフマドナガル県の都市。同県の県庁所在地でもあり、かつてアフマドナガル王国の首都でもあった。

名称[編集]

アフマドナガルという都市の名称は、「アフマドの都市(ナガル)」を意味している。 別表記ではアフメドナガルアーマドナガルアーメドナガルとも表記される。

歴史[編集]

アフマドナガル城(1831年

1490年ダウラターバード太守の地位にあったアフマド・ニザームル・ムルクバフマニー朝から独立し、アフマドナガル王国を建国すると、アフマドナガルとアフマドナガル城の建設を行った[1]

1600年以降、アフマドナガル王国とムガル帝国との間でアフマドナガルと城が争奪されたが、1633年に城は帝国のものとなった。

その後、この都市はアウランガーバードとともに、皇帝アウラングゼーブデカン進出の拠点に使用され、最終的に彼もこの地で没している。

18世紀に入ると、1724年ニザーム王国1795年マラーター王国1797年シンディア家の支配の領すところとなり、1803年イギリスに占領された[2][3]

割譲後、この地はボンベイ管区に編入され、1947年の独立後はボンベイ州へ、1960年の州再編でマハーラーシュトラ州へと編入された。

地理[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

ウィキボヤージュには、アフマドナガルに関する旅行情報があります。