アフガニスタン・イスラム統一党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタンの政党
アフガニスタン・イスラム統一党
成立年月日 1990年
解散年月日 2001年
解散理由 主要メンバーの脱党
後継政党 アフガニスタン・国民イスラム統一党
政治的思想・立場 シーア派、ハザーラ人、親イラン
テンプレートを表示

アフガニスタン・イスラム統一党( - とういつとう)は、アフガニスタン政党である。国内のシーア派、特にハザーラ人の利益を代表し、イラン型のイスラム国家の建国を目的とした。ヘズベ・ワフダート(Hizb-e Wahdat)の名でも知られている。

概要[編集]

イスラム統一党は、1990年、シーア派政党の同盟として、イラン領内で創設された。初代党首には、アブドゥルアリー・マザーリーが就任した。同党の創設には、オリ=エスラム・モルタザビ師を始めとするイランの宗教・政治活動家が後援した。

1993年、イスラム統一党に、特務機関「リエサテ・アムニヤテ・イスラーミー・ヒズベ・バフダト」が設置され、バルフ州支部長のムハンマド・モハッケクがこれを指揮した。

1996年12月、ターリバーンにより党首マザーリーが殺害された後、同党はイランで活動するムハンマド・アクバリー派と、アフガニスタンで活動するカリーム・ハリーリー派に分裂した。

1998年秋にハリーリーがイランに移った後は、モハッケクがアフガニスタン領内の軍事・政治機構を指揮し、バーミヤーン、グルバンド峡谷、バルフ及びサマンガーンで活動した。

2001年、モハッケクは、イスラム統一党から脱党し、アフガニスタン国民イスラム統一党(ヒズベ・ワフダーテ・イスラーミーヤ・マルドメ・アフガーニースターン)を創設した。

外部リンク[編集]