カリーム・ハリーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフガニスタンの政治家
ムハンマド・カリーム・ハリーリー
محمد کريم خليلي
生年月日 1949年
出生地 ヴァルダク州
現職 第二副大統領
所属政党 アフガニスタン・イスラム統一党
公式サイト وبسايت محمد کريم خليلي

アフガニスタンの旗 第二副大統領
在任期間 2004年12月7日 - 2014年9月29日
大統領 ハーミド・カルザイ
テンプレートを表示

ムハンマド・カリーム・ハリーリーペルシア語: محمد کريم خليلي‎、Karim Khalili、1949年 - )は、アフガニスタンの政治家。ハーミド・カルザイ政権で第二副大統領をつとめた。

経歴[編集]

ヴァルダク州出身[1]ハザーラ人シーア派イランで神学の教育を受ける。

ソ連侵攻後、抵抗組織「ナスル」で活動し、1981年テヘランの「ナスル」の中央事務所所長となる[1]

1986年から、アフガニスタン・イスラム統一党(ヘズベ=ヴァフダート)の2大派閥の1つの領袖。ムハンマド・ナジーブッラー政権とは、戦争と和平を繰り返した。1990年代初め、ブルハーヌッディーン・ラッバーニーと敵対した。

1993年からグルブッディーン・ヘクマティヤール政権のジハード会議議員、大臣を務めた。同年6月、ロシアを公式訪問。

1990年代中盤、北部同盟の共同創設者の1人となり、アフマド・シャー・マスードの盟友となった。1995年アフガニスタン・イスラム統一党のマザーリーが殺害された後、同党の党首となる。1990年代末、ターリバーンにより撃破され、アブドゥルラシード・ドーストムと共にアフガニスタンを離れた。2000年頃、帰国。

2001年11月、ハリーリーの部隊は、ターリバーンが放棄したヘラートを最初に占領し、イスマーイール・ハーンの部隊と交戦した。

2002年6月19日、移行政権の4人の副大統領のうちの1人に任命される。同年12月から元ムジャーヒディーンの武装解除・就職斡旋委員会の委員長。

2004年12月7日、正式政権発足にともない第二副大統領に就任[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Vice President of the Islamic Republic of Afghanistan Karim Khalili, Second Vice President”. The Embassy of Afghanistan. 2012年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
創設
アフガニスタンの旗アフガニスタン・イスラム共和国
第二副大統領
2004年12月7日 - 2014年9月29日
次代:
サルワル・ダーニシュ