アビー (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アビー株式会社
Abee Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目17番12号
設立 2004年
業種 情報・通信業
法人番号 1020001052533 ウィキデータを編集
事業内容 PC、PCパーツ、PC関連商品の企画、開発、販売、PC関連プロダクトデザインの企画、設計、製作
代表者 破産管財人 原田雅紀[1]
資本金 1000万円
主要子会社 株式会社オープンキューブ
関係する人物 坂口信貴(前代表取締役社長)
外部リンク http://www.abee.co.jp/
テンプレートを表示

アビー株式会社(あびー、英名Abee Corporation)は、かつて神奈川県横浜市に本社を持ち、主に自作パソコン向けPCケースや電源ユニット等のPCパーツの販売を行っていた企業。

概要[編集]

パソコンおよび関連機器メーカーのソルダム(2008年(平成20年)倒産星野アイエヌジーに移管)に参加し、取締役企画室長をしていた坂口信貴がソルダムを退社後2004年(平成16年)設立[2][3]

2013年から子会社オープンキューブの企画・生産により3Dプリンターの発売を開始。翌2014年には3Dプリンターの企画・開発・販売をアビーに統合[4]。そして光造形法の3Dプリンターを低価格で発売[5]

その後はモバイルバッテリーなどの周辺機器中心へと移行し、PCケースは在庫品のみとなって一部パーツショップ及び通販サイトに限り発売するようになった[6]

2018年(平成30年)12月18日横浜地裁において破産手続き開始決定を受けた[1][7][8]。負債額は約一億四千万円。破産管財人を通じ、アビーの登録商標及び同社の製品の製造・サポートは、株式会社コンピューケース・ジャパンへ移譲された[9]2019年(令和元年)現在、モバイルバッテリーがメーカー名を替えた状態で発売されているが、今後のPCケースなどの発売については不明[10]

アビーは2020年1月17日に法人格が消滅した。

主な事業[編集]

  • PC、PCパーツ、PC関連商品の企画、開発、販売
  • PC関連プロダクトデザインの企画、設計、製作

主な商品[編集]

PCケース[編集]

  • AS Enclosureシリーズ
  • smartシリーズ
  • acubicシリーズ
  • METHODシリーズ

PCケースオプション[編集]

  • NANO TEK FAN

周辺機器[編集]

  • HDDケース: AS Silencer

電源ユニット[編集]

  • Supremerシリーズ
  • ZESTシリーズ
  • ACアダプタ

3Dプリンター[編集]

  • SCOOVO X9H
  • SCOOVO MA30
  • SCOOVO MA10

モバイルアクセサリ[編集]

  • スマートフォン用アルミジャケット

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アビー(株)(神奈川)/家庭用電気機器卸 - Net IB News
  2. ^ アビー 代表取締役 坂口信貴 - 週刊BCN 2004年12月20日付 Vol.1069 掲載(2012年1月23日の時点のアーカイブ)
  3. ^ Abeeのオリジナル高品質アルミ製PCケース第1弾が発売 - AKIBA PC Hotline! 2005年4月9日
  4. ^ アビーとオープンキューブが3Dプリンター事業を統合『SCOOVO X4』を発売週刊アスキー、2014年6月9日、2019年8月13日閲覧
  5. ^ アビーが安価な“本格”光造形3Dプリンタを投入ITmedia PC USER、2014年9月2日、2019年8月13日閲覧
  6. ^ アビーが破産手続き開始。負債総額は約1.4億円、エルミタージュ秋葉原、2018年12月28日、2019年8月13日閲覧
  7. ^ アビー(株)(神奈川)/破産手続き開始決定 - JCNET
  8. ^ アビーが破産手続きを開始、星野金属の元スタッフが設立したPCパーツメーカー - AKIBA PC Hotline、2018年12月29日
  9. ^ 商標権譲受に関するお知らせ、コンピューケース・ジャパン、2019年1月10日、同年8月13日閲覧
  10. ^ 倒産したアビー製品を新ブランドで展開、コンピューケースのモバイルバッテリーが店頭入荷 - AKIBA PC Hotline、2019年6月13日、同年8月13日閲覧

外部リンク[編集]