アナログ回線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アナログ回線(アナログかいせん)は、アナログ信号を伝送する電気通信回線の事である。アナログテレビ放送、FM・AMラジオなどの中継回線のような広帯域のものと、3.4kHzまでの声伝送用の狭帯域のものとがある。有線無線通信を組み合わせて提供されている。

中継回線では、周波数分割多重化(FDM)・パルス変調による時分割多重化(TDM)・アナログ-デジタル変換など、多重化を行い通信線路電波帯域などの伝送路を有効活用している。

交換機を使用して接続を変更できる狭帯域の公衆交換電話網と、交換機を接続せず契約された周波数帯域の伝送を保障した専用線(特定通信回線)とがある。

関連項目[編集]