アドルフ・フリードリヒ・フォルマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アドルフ・フリードリヒ・フォルマーの自画像(1830年頃)

アドルフ・フリードリヒ・フォルマー(Adolph Friedrich Vollmer、1806年12月17日 - 1875年2月12日)はドイツの画家である。風景画や海洋画を描いた。ハンブルク出身で初期の自然主義画家、クリスティアン・モルゲンシュテルン(1805–1867)とは同時代の画家である[1][2]

略歴[編集]

ハンブルクで生まれた。父親はハンブルクの商人の事務職で、父親の反対に従わず、画家の道に進んだ[3][4]。ハンブルクの有名な版画出版業者のズール兄弟のもとに見習いで入り、ドイツ各地を、ズール兄弟の一人、コーネリウス・ズールとともに、一年半ほど旅して修行した。ハンブルクの画商によって、当時、モルゲンシュテルンやオットー・シュペクター(Otto Speckter)のような若い芸術家のパトロンをしていた貴族のフォン・ルモール(Carl Friedrich von Rumohr)に紹介された[1]。おそらくは、フォン・ルモールの援助で[2]デンマーク王立美術院に入学し、クリストファー・エカスベアに学んだ。1832年に帰国し、15人の芸術家とハンブルク美術協会(Hamburger Künstlerverein von 1832)を設立した。その後、モルゲンシュテルンが活動していたミュンヘンに移るが、モルゲンシュテルンとは距離を置いていたとされる。その後、ボーデン湖、オーストリアやスイスのアルプス、ヴェネツィアルアーブル、オランダを旅した。

1839年からハンブルクに住み、牧師の娘と結婚した。息子には建築家として知られるヨハネス・フォルマー(Johannes Vollmer)らがいる[5]。1866年に失明し[6]、1875年にハンブルクで没した。

作品[編集]

海洋画(1832) 
海洋画(年代不明) 
ハンブルクの港 
ホルシュタインの風景 (1827) 
エルベ川の風景 (ca. 1830) 
ハンブルクの港 (1839) 
ハンブルクの造船所(1840) 
Sachsenwaldハンブルク近郊の森(1852) 
月夜の橋 

脚注[編集]

  1. ^ a b Andresen (1872) 3, 25.
  2. ^ a b Thieme-Becker (1940) 34, 527.
  3. ^ Kegel (1997) 83 (1) 345 and ref. 13.
  4. ^ Andresen (1872) 3, 24.
  5. ^ Johannes Vollmer
  6. ^ Andresen (1872) 3, 27.

参考文献[編集]

  • Andresen, Andreas (1872) Die deutschen Maler-Radirer (Peintres-Graveurs) des neunzehnten Jahrhunderts nach ihren Leben und Werken. Leipzig: Weigel, 1866–1874, 3: 24-41, unaltered reprint: Hildesheim, New York: Olms, 1971. 3-487-04007-7
  • Dammann, Walter H. (1910), Panorama und Tafellandschaft – Anfänge und Frühzeit der Landschaftsmalerei in Hamburg bis 1830, Hamburg: Druck Lütcke & Wulff (Vetrieb Commetersche Kunsthandlung) 
  • Kegel, Gerhard (1997), [PDF-Datei; 5,7 MB “Ein Brief des Hamburger Malers Adolph Friedrich Vollmer an Otto Speckter aus dem Jahre 1827”], Zeitschrift des Vereins für Hamburgische Geschichte 83 (1): 343–366, ISSN 0083-5587, PDF-Datei; 5,7 MB 
  • Lier, Hermann Arthur (1896), “Vollmer: Adolf Friedrich”, Allgemeine Deutsche Biographie, 40, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 251–252, http://daten.digitale-sammlungen.de/~db/bsb00008398/images/index.html?seite=253 
  • Nagler, Georg Kaspar, ed. (1850), “Vollmer, Adolph Friedrich”, Neues allgemeines Künstler-Lexicon oder Nachrichten von dem Leben und den Werken der Maler, Bildhauer, Baumeister, Kupferstecher, etc (1835-52), 20, München: E. A. Fleischmann, pp. 516–517, https://archive.org/stream/neuesallgemeine08naglgoog#page/n529/mode/2up 
  • Vollmer, Hans, ed. (1940), “Vollmer, Adolf Friedrich”, Thieme-Becker: Allgemeines Lexikon der Bildenen Künstler von der Antike bis zur Gegenwart, 34, Leipzig: E.A. Seemann, pp. 527