アドルフ・エドゥアルト・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Adolf Mayer 1875

アドルフ・エドゥアルト・マイヤー(Adolf Eduard Mayer、1843年8月9日 - 1942年12月25日)は、ドイツ農芸化学者である。タバコモザイク病の研究で、タバコモザイクウイルスウイルスの発見につながる重要な役割を果たした。

略歴[編集]

オルデンブルクで生まれた。父親は高校教師で、母親は有名な無機化学者、レオポルト・グメリンの娘である。カールスルーエ工科大学で数学と化学を学んだ後、ハイデルベルク大学に入学し、1864年に博士号を得た。

オランダヴァーヘニンゲンの農業試験場の場長として働いていた1879年に、タバコの疾病の研究を依頼され、1886年に論文を発表し、この疾病を「タバコモザイク病」と名づけ、その症状を詳細に記述した[1]。疾病にかかったタバコの個体の樹液を用いて、健康な個体に疾病を伝染させることができることを示した。当時はこの疾病は細菌毒素で広がると考えられていたが、光学顕微鏡では細菌を発見することができず、濾紙による濾過を行っても樹液の感染力は失われることがないことを示した。タバコモザイク病の病原の細菌濾過器による濾過実験は1892年にドミトリー・イワノフスキーも行い、タバコモザイク病の病原は細菌濾過器を通過しても感染性を失わないことが確認し、1898年にマルティヌス・ベイエリンクも行い、この病原が未知の溶液状の物体「ウイルス」であると考えた。1935年にウェンデル・スタンリーがタバコモザイクウイルスの結晶化に成功した。マイヤーのタバコモザイク病の研究はウイルス学の分野の重要なステップを果たしたと評価されている[2][3]

著作[編集]

  • Das Düngerkapital und der Raubbau: Eine wirthschaftliche Betrachtung auf naturwissenschaftlicher Grundlage, Heidelberg, 1869
  • Lehrbuch der Agrikulturchemie in vierzig Vorlesungen, 2 Bde., Heidelberg, 1871
  • Die Lehre von den chemischen Fermenten oder Enzymologie, Heidelberg, 1882
  • Ueber die Mosaikkrankheit des Tabaks. Die landwirtschaftlichen Versuchsstationen 32, 451-467, 1886

参考文献[編集]

  1. ^ Mayer, Adolf (1886). “Über die Mosaikkrankheit des Tabaks.” (German). Die Landwirtschaftliche Versuchs-stationen 32: 451–-467.  Translated into English in Johnson, J., Ed. (1942) Phytopathological classics (St. Paul, Minnesota: American Phytopathological Society) No. 7, pp. 11–-24.
  2. ^ Lustig, Alice; Levine, Arnold J. (1992). “One Hundred Years of Virology”. Journal of Virology (Washington, D.C.: American Society for Microbiology) 66 (8): 4629–-4631. ISSN 1098-5514. PMC 241285. PMID 1629947. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=241285. 
  3. ^ Zaitlin, Milton (1998). “The Discovery of the Causal Agent of the Tobacco Mosaic Disease”. In Kung, S. D.; Yang, S. F.. Discoveries in Plant Biology. Hong Kong: World Publishing Co.. pp. 105–-110. ISBN 978-981-02-1313-8. http://www.apsnet.org/publications/apsnetfeatures/Documents/1998/ZaitlinDiscoveryCausalAgentTobaccoMosaicVirus.pdf. 
Ad.Mayerは、植物の学名命名者を示す場合にアドルフ・エドゥアルト・マイヤーを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)