アドルフ・アッピアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドルフ・アッピアン

アドルフ・アッピアン(Adolphe Appian、本名: Jacques Barthélemy Appian、1818年8月23日 - 1898年4月29日)はフランスの画家、版画家である。「リヨン派」の画家の一人とされる。

略歴[編集]

リヨンに生まれた。1833年から1836年まで、リヨンの国立高等美術学校(École nationale supérieure des beaux-arts de Lyon)で、グロボン(Jean-Michel Grobon)やティエラ(Augustin Alexandre Thierrat)に学んだ後、リヨンの特産品である絹製品の染色デザイナーとして働いた後、風景画家となった。

1835年に初めて、サロン・ド・パリに出展し、1847年からはリヨンのサロンに出展し、1855年からは両方のサロンに出展を続けた。

1852年にバルビゾン派の画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローシャルル=フランソワ・ドービニーと知り合い、アッピアンへの彼らの影響は長く続いた。1862年のロンドン万国博覧会に出展し、1867年に作品のひとつが皇帝、ナポレオン3世に買い上げられた。この頃、色彩が明るいものに変化した[1]。1868年のサロン・ド・パリで金賞を受賞し、1889年のパリ万国博覧会にも出展した。

フランスの多くの画家が描いたルシヨンのような村の風景を描き、夏はオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏のアルトマール(Artemare)で過ごし、Valromeyなどの風景を描いた。バルビゾン派の画家たちとフォンテーヌブローを何度か訪れた[2]

1892年にレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受勲した[3]。1898年にリヨンで没した。

作品[編集]

油絵[編集]

版画[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Dictionnaire Bénézit
  • Grand Larousse, dictionnaire des peintres.
  • Collectif, 100 peintures des collections du musée des Ursulines, Mâcon, 1999, catalogue de l'exposition.