アッペンツェラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Appenzeller (cheese).jpg

アッペンツェラー(Appenzeller)はスイス北東部アッペンツェル地方で生産される、牛乳から作るハードチーズ。生産地としてはアッペンツェル・インナーローデン準州アッペンツェル・アウサーローデン準州ザンクト・ガレン州トゥールガウ州が挙げられる。熟成させるとき、ハーブ(時にはワインシードルも)を浸した塩水をホイール(円盤状のチーズ塊)の表面に塗り、これが外皮(リンド)の形成を促すと共に、チーズに風味を添えて持ちをよくする[1]

アッペンツェラーは少なくとも700年前には文献に現れている。現在、約75のチーズ製造場がこれを生産し、各々が違った塩水のレシピを持っている。そのレシピの殆どは企業秘密である[1]

アッペンツェラーは麦わら色をしており、小さな孔と黄金色の外皮を持つ。濃厚な匂いは木の実もしくは果実の風味があり、それは熟成期間に応じてまろやかなものからきついものまである。三種類が売られている。

  • クラシック - 3-4ヶ月熟成し、マイルドな風味。ホイールが銀のラベルで包装されている[2]
  • シュルショワー - 4-6ヶ月熟成し、強い風味。金のラベル[3]
  • エクストラ - 6ヶ月以上熟成し、格別の風味。黒のラベル[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Home Appenzeller Käse”. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ www.appenzeller.ch”. 2015年11月1日閲覧。
  3. ^ www.appenzeller.ch”. 2015年11月1日閲覧。
  4. ^ www.appenzeller.ch”. 2015年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]