アダル (ユダヤ暦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アダルヘブライ語: אֲדָר‎、英語: Adar)はユダヤ暦の月。

概要[編集]

月名はバビロニア暦のAdarruに由来し、エズラ記(6:15)に記載がある。現代で使用されている政治暦では6月であるが、古代使用されていた宗教暦ではニサンの月から数えるため12月となる。詳しくはユダヤ暦#宗教暦と政治暦を参照のこと。

グレゴリオ暦では、2月から3月の時期にあたる。

閏月[編集]

閏年の場合、閏月として2回繰り返す。この場合、最初の月を第一アダル(英語: Adar I)、アダルと呼び、その翌月を第二アダル(英語: Adar II)、ヴァ・アダル、アダル・シェーニーと呼ぶ。月の長さは第一アダルは30日間、第二アダルは29日間となる。プリムといった行事は第二アダルに行われるため、実質的に第一アダルが閏月となる。

主な行事[編集]

第一アダル[編集]

  • 14日、15日 - プリム・カタン(小プリム)

第二アダル[編集]

主な出来事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]


関連項目[編集]