マルヘシュヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マルヘシュヴァンヘブライ語: מַרְחֶשְׁוָן‎、英語: Marcheshvan)はユダヤ暦の月。チェスヴァンヘブライ語: חֶשְׁוָן‎、英語: Cheshvan)とも表記される。

概要[編集]

月名はバビロニア暦のArukhsamuに由来し、バビロン捕囚まではブルヘブライ語: בול‎、英語: bul)の月[注 1]と呼ばれていた。

現代で使用されている政治暦では2月であるが、古代使用されていた宗教暦ではニサンの月から数えるため8月となる。詳しくはユダヤ暦#宗教暦と政治暦を参照のこと。

なお、通常の月の長さは29日間であるが、1年の長さが355日または385日の場合は月の長さは29日間ではなく、30日間となる。

グレゴリオ暦では、10月から11月の時期にあたる。

主な出来事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 列王記(上 6:38)

出典[編集]


関連項目[編集]