アストロシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アストロシティ』(Kurt Busiek's Astro City)は、アメリカ合衆国の架空の都市アストロシティを舞台としたアメリカン・コミックのシリーズである。原作はカート・ビュシーク、共同原作および作画はブレント・アンダーソン、キャラクターデザインおよびカバーアートはアレックス・ロスによる。『アストロシティ』の第一作は1995年8月にイメージ・コミックから出版され、それ以降はオマージュ・コミックから、現在はワイルドストーム・シグネチャ・シリーズの一部として出版されている。


作品概要[編集]

『アストロシティ』の舞台となるのは、少なくとも19世紀以降からスーパーヒーローが存在するようになった架空の世界である。作中の歴史で最初に現れた公式のスーパーヒーローは、第一次世界大戦直後に出現したエアーエースである。ビュシーク、アンダーソン、ロスらは極めて多数の登場人物らにより織り成される複雑な作品世界を構築し、多くの登場人物が、物語の進展につれて明らかにされていく大規模な背景設定を持っている。

『アストロシティ』シリーズは、毎回異なるアストロシティの住人に焦点を合わせたアンソロジー作品であり、各エピソードは通常はその回の主人公による一人称視点で語られる。エピソードのあるものは1話か2話完結の物語であるが、一方で7話からなる一連のシリーズエピソードも存在する。

『アストロシティ』において不可欠な要素となっているのは、作中人物(一般人の場合と、スーパーヒーローやヴィラン自身の場合の両方がある)による彼らの住む世界への反応である。例を挙げれば、第1話では主人公サマリタンの典型的な一日が描かれる。サマリタンは目を覚ましている時間の全てを世界を飛び回り人々を救うという行為に費やしており、空を飛ぶという行為を心から楽しんだことは一度もない。他にも、二人の高名なヒーロー同士のデートの物語、少年サイドキック(ヒーローの相棒)のヒーロー入門の物語、改心したスーパーヴィランによる刑務所の外での生活を見つけようとする努力の物語、正体を暴こうとする恋人の試みにより地球から立ち去らねばならなくなるヒーローの物語、スーパーヴィランの人質として囚われた名もない脇役のその後の人生の物語などが語られる。

アストロシティが物語の中心となっている一方で、作中ではボストンのシルバースミス、シカゴのザ・アンチャッタブル、ニューヨークのスカイスクレイパーなどの、他の都市に住むスーパーヒーローも言及され、時には登場する。アストロシティのヒーローグループであるオナー・ガードのメンバーの中には、デトロイトのMPH、ニューオーリンズのブラックレイピアなどの、他の都市のヒーローもいる。また、イングランドのライオンとユニコーンなどの海外のヒーローも登場する。アストロシティ在住のスーパーヒーローが中心となっているのに対し、それらの登場人物は端役に過ぎない。

登場人物[編集]

スーパーヒーロー[編集]

サマリタン(Samaritan)
世界をより良くするために未来からやってきた超人(スーパーマンキャプテン・マーベルへのオマージュ)。
初めてこの世界に現れたのは1985年。それ以降、一日も休まず活動を続けている。
普段は新聞記者として働いている。「オナー・ガード」のメンバー。
ウィングド・ビクトリー(Winged Victory)
フェミニストのスーパーヒロイン(ワンダーウーマンへのオマージュ)。
いかなる状況下でも男性より先に女性を救うため、それがトラブルを招くことも多い。
女性の地位向上センターと専用病院の設立に資金提供しているため、フェミニズム・カルトの教祖という汚名を着せられる。
コンフェッサー(The Confessor)
1950年代から1990年代半ばまで活躍した謎のヴィジランテ(バットマンへのオマージュ)。
彼の死後、彼のサイドキックだったオルターボーイが二代目を継いだ。
クラッカージャック(Crackerjack)
棒状武器を使い、驚くべき機敏さを持つ変装の達人。
自己中心的で大言壮語の気がある。1991年以降に活躍しはじめた。
ジャック・イン・ザ・ボックス(Jack-in-the-Box)
ピエロの格好をしたヴィジランテ。弾むような跳躍と様々な特殊武器を使う。
ハングドマン(The Hanged Man)
シャドウ・ヒルの守護者。頭陀袋をかぶって首に絞首索を巻いた姿でシティ上空に浮遊している。
19世紀から活動の記録が見られるが、中世から存在したとも噂される謎めいたヒーロー。
ブラック・レイピア(The Black Rapier)
ニューオリンズ出身のヒーロー。「オナー・ガード」の現リーダー。
漆黒のフェンシング用衣装と全頭マスクに身を包み、電撃剣を使う。
ジェントルマン(The Gentleman)
1940年代初頭から活動を続けているアストロ・シティ最古参ヒーローのひとり。
不老であり、強力なパワーと清廉潔白さを併せ持つ(キャプテン・マーベルへのオマージュ)。
MPH
超スピードで動くことができるアフリカ系アメリカ人。
デトロイト出身のヒーロー。「オナー・ガード」のメンバー。
シルバー・エージェント(Silver Agent)
1956年から1970年代初頭に活躍した悲劇の愛国的ヴィジランテ(キャプテン・アメリカへのオマージュ)。
「オナー・ガード」の創設メンバー。故人。
ビューティー(Beautie)
大衆に人気のある女性モデルを原型としたアンドロイドヴィジョンへのオマージュ)。

ヴィラン[編集]

コンキスタドール(The Conquistador)
ディーコン(The Deacon)
アストロシティの暗黒街を牛耳る静かな顔役。
インフィデル(Infidel)
サマリタンの宿敵。
ジャンクマン(The Junkman)
老齢の発明家。ゴミをリサイクルして奇妙な兵器を作る。
モック・タートル(The Mock Turtle)
不思議の国のアリス」に取り付かれた犯罪者。亀を模した緑色のアーマースーツを身にまとう。
シラク・ザ・ディバウラー(Shirak the Devourer)
1959年と1964年に地球侵略を企図したサメに似た宇宙種族。
オナー・ガードによって撃退された。
タイムキーパー(The Time-Keeper)
世界からスーパーヒーローを排除しようとする時間犯罪者。
エネルシャン人
女系の宇宙種族。地球侵略の拠点としてアストロシティに浸透した。
ブリドウェル(Bridwell)
地球のスーパーヒーローたちの知識を収集している、エネルシャン人のスパイ。

邦訳コミック[編集]

外部リンク[編集]