アスクナ・セントロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アスクナ・セントロア
RonBrill AlhondigaBilbao.jpg
情報
用途 スポーツ・文化施設
旧用途 ワイン貯蔵庫
設計者 リカルド・バスティダ
延床面積 43,000m2 m²
着工 1905年
竣工 1909年
改築 2001年 - 2010年
所在地 スペインの旗 スペインバスク州ビスカヤ県ビルバオ
座標 北緯43度15分35秒 西経2度56分13秒 / 北緯43.25972度 西経2.93694度 / 43.25972; -2.93694座標: 北緯43度15分35秒 西経2度56分13秒 / 北緯43.25972度 西経2.93694度 / 43.25972; -2.93694
テンプレートを表示
アスクナ・セントロアの位置(ビルバオ内)
アスクナ・セントロア
アスクナ・セントロア
ビルバオ市街地における位置

アスクナ・セントロアバスク語: Azkuna Zentroa)は、スペインバスク州ビスカヤ県ビルバオにある複合施設。2015年までの名称はアルオンディガ・ビルバオスペイン語: Alhóndiga Bilbao)であり、アルオンディガとはスペイン語で穀物市場のことである。ビルバオの象徴的な建物のひとつである[1]

歴史[編集]

バスク人建築家のリカルド・バスティダによって設計され、1909年にワイン貯蔵庫として開館した。1970年代には新しいワイン貯蔵庫の建設が完成し、1977年にはアルオンディガ・ビルバオが使用されなくなった[1]。公共施設(美術館)として使用したり、完全に解体するなどの案が出されたが、1994年には改築してスポーツ・文化施設として活用することが決定した。フランス人建築家のフィリップ・スタルクとティボ・マテューによって再設計され、2010年10月に再開館した。シネマコンプレックス、フィットネスジム、プール[2]、図書館、多目的ホール、雑貨店、レストラン、バルなどが入居している。

在任中の2014年に亡くなったビルバオ市長のイニャキ・アスクナを称えて、2015年3月にはアルオンディガ・ビルバオからアスクナ・セントロアに改称された[3]

地理[編集]

ビルバオの中心的な広場であるモジュア広場からアラメダ・デ・レカルデ通りを南に向かい、アラメダ・デ・ウルキホ通りとの交差点南西角に位置する。交差点はアリキバル広場となっており、北側のブロックにはビスカヤ広場が存在する。ビルバオの中心駅であるビルバオ=アバンド駅からも徒歩圏内にある。ビルバオ・メトロの最寄り駅はモジュア駅である。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ビルバオ市における都市再生のチャレンジ 吉本光宏、国際交流基金「文化による都市の再生~欧州の事例から」報告書
  2. ^ プールの底はガラス張りであり、泳いでいる姿は下階からばっちりと見られている。
  3. ^ AlhóndigaBilbao cambia su nombre a Azkuna Zentroa” (Spanish). ラ・バングアルディア (2015年3月17日). 2016年10月17日閲覧。