アジアノロバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジアノロバ
アジアノロバ
アジアノロバ Equus hemionus
保全状況評価[1][2]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウマ目 Perissodactyla
: ウマ科 Equidae
: ウマ属 Equus
: アジアノロバ E. hemionus
学名
Equus hemionus Pallas, 1775[2]
和名
アジアノロバ[3][4]
英名
Tibetan wild ass

アジアノロバEquus hemionus)は、哺乳綱奇蹄目ウマ科ウマ属に分類される奇蹄類。

分布[編集]

インド北西部、イラン中華人民共和国北部、トルクメニスタンモンゴル南部[2]。アゼルバイジャン、アフガニスタン、アルメニア、イラク、ウクライナ、キルギス、クウェート、サウジアラビア、シリア、ジョージア、タジキスタン、トルコ、ヨルダン、レバノン、ロシアでは絶滅[2]。イスラエル、ウズベキスタン、カザフスタンに再導入[2]

形態[編集]

体長200 - 250センチメートル[4]。尾長30 - 49センチメートル(房毛除く)[4]。肩高100 - 140センチメートル[4]体重200 - 250キログラム[4]。鬣は発達せず、尾先端の体毛もあまり房状にならない[4]。前肢内側にたこがあるが、後肢にはたこがない[4]。体色は淡黄色や赤褐色[4]。鬣や尾先端の房毛は黒褐色[4]。背には正中腺に沿って黒い筋模様が入る[4]

耳介は小型[4]。アフリカノロバと比較して蹄は幅広い[4]

分類[編集]

和名は小原(2000)、英名は2016年現在のIUCNに従う[2][4]

Equus hemionus hemionus Pallas, 1775 ジゲダイ、モウコノロバ Mongolian Kulan
モンゴル北東部に自然分布していたが絶滅[4]。中華人民共和国に飼育個体が生存している[4]
Equus hemionus hemippus I. Geoffroy, 1855 Syrian wild ass(絶滅亜種)
イラク、イラン、サウジアラビアシリア[2]
Equus hemionus khur (Lesson, 1827) インドノロバ Indian wild ass, Khur
インド北西部[2]
Equus hemionus kulan (Groves & Mazak, 1967) クーラン Kulan, Turkmenian kulan
トルクメニスタン[4]
Equus hemionus luteus Matschie, 1911 ゴビノロバ
ゴビ砂漠およびその周辺[4]
Equus hemionus onager Boddaert, 1785 オナガー Iranian Onager, Onager, Percian wild ass
イラン北部および中南部[3][4]

生態[編集]

砂漠地帯や荒れ地などに生息する[3]。1頭のオスと、メスや生後2年までの幼獣からなる6 - 12頭の小規模な群れを形成し生活する[4]。以前は秋季に小規模な群れが集まり、100頭以上の大規模な群れを形成することもあった[4]。夏季は高地で生活し、冬季になると風を避けるために河川沿いや谷間へ移動する[4]。短距離であれば時速60 - 70キロメートルで走行することができ、時速40 - 50キロメートルの速度を維持しながら長距離を走行することもできる[4]

植物の豊富な環境ではを食べるが、乾燥地帯では木の葉も食べる[2]

繁殖様式は胎生。繁殖期になるとメスを巡ってオス同士で歯や蹄を使い争う[4]。妊娠期間は331 - 374日[4]。春季から初夏にかけて幼獣を産む[4]。授乳期間は9 - 12か月[4]。幼獣は生後2週間で母親と一緒に走行できるようになる[4]。オスは生後4年、メスは生後2-3年で性成熟するが、通常メスは生後3-4年で初産を迎える[4]。寿命は飼育下で22年10か月の記録がある[4]

人間との関係[編集]

シュメール人は本種を家畜として飼育していたとされる[3]。内臓が薬用になると信じられている地域もある[2]

開発による生息地の破壊、食用や薬用・皮用などの乱獲、家畜との競合などにより生息数は激減している[2][4]

E. h. hemionus ジゲダイ
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[2]
Status iucn3.1 NT.svg
ワシントン条約附属書I[1]
E. h. hemippus
1927年に絶滅したとされる[2]
EXTINCT (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[2]
Status iucn3.1 EX.svg
E. h. khul インドノロバ
1991年における亜種インドノロバの生息数は2,072頭とされる[4]
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[2]
Status iucn3.1 NT.svg
ワシントン条約附属書I[1]
E. h. kulan クーラン
亜種クーランは絶滅したと考えられていたこともあった[4]
ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[2]
Status iucn3.1 EN.svg
E. h. onager オナガー
ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[2]
Status iucn3.1 EN.svg

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 28/2/2017)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Kaczensky, P., Lkhagvasuren, B., Pereladova, O., Hemami, M. & Bouskila, A. 2015. Equus hemionus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T7951A45171204. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T7951A45171204.en. Downloaded on 28 February 2017.
    Kaczensky, P., Lkhagvasuren, B., Pereladova, O., Hemami, M. & Bouskila, A. 2015. Equus hemionus ssp. hemionus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T7952A3144453. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T7952A3144453.en. Downloaded on 28 February 2017.
    Moehlman, P.D. & Feh, C. 2015. Equus hemionus ssp. hemippus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T7962A3144566. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T7962A3144566.en. Downloaded on 28 February 2017.
    Kaczensky, P., Lkhagvasuren, B., Pereladova, O., Hemami, M. & Bouskila, A. 2016. Equus hemionus ssp. khur. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T7963A3144616. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T7963A3144616.en. Downloaded on 28 February 2017.
    Kaczensky, P., Lkhagvasuren, B., Pereladova, O., Hemami, M. & Bouskila, A. 2016. Equus hemionus ssp. kulan. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T7964A3144714. Downloaded on 28 February 2017.
    Hemami, M., Kaczensky, P., Lkhagvasuren, B., Pereladova, O. & Bouskila, A. 2015. Equus hemionus ssp. onager. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T7966A3144941. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T7966A3144941.en. Downloaded on 28 February 2017.
  3. ^ a b c d 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、90、189、196頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 小原秀雄 「アジアノロバ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、149-150頁。

関連項目[編集]