アシュリー・ヘギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アシュリー・ヘギ
Ashley Hegi
生誕 1991年5月23日
カナダの旗 カナダアルバータ州レスブリッジ
死没 (2009-04-21) 2009年4月21日(満17歳没)
カナダの旗 カナダ
職業 学生

アシュリー・ヘギAshley Hegi1991年5月23日 - 2009年4月21日)は、カナダプロジェリア症候群患者。日本においてもテレビ報道等で有名[1]であった。

来歴[編集]

母親のロリー・ヘギが当時17歳であった1991年5月23日カナダに生まれる。実父はアシュリーが1歳の時に家を出て行くが、2003年に母が再婚。2004年に弟が誕生した。

生後3か月ごろから皮膚が硬くなりはじめ、さらに髪の毛が抜けはじめるが原因はわからなかった。生後9か月ごろ、たまたま担当医がプロジェリアの記事を見つけたのがきっかけとなり病気が判明した。

プロジェリア平均寿命は13歳と言われるが、アシュリー・ヘギはそれを越える17歳まで生存し、これまで確認されているプロジェリア患者としては最も長命であった。2009年4月21日死去。17歳没。

人物・エピソード[編集]

  • 病気と向き合う前向きな姿勢は有名で、生前数々の言葉を残した。「わたしは、人の前で悲しい顔はしたくない。笑顔でいると、みんながハッピーになるでしょ」などがある。
  • 日本国内のドキュメンタリー番組でアシュリーが取り上げられると大きな反響を呼び、アシュリー宛に日本から励ましのメール手紙が届いたことから、アシュリーはすっかり日本好きになった。ペットのマウスハム太郎と名付けたほどである。[2]

関連書籍[編集]

  • ロリー・ヘギ『みじかい命を抱きしめて』扶桑社、2004年
  • アシュリー・ヘギ『アシュリー 〜All About Ashley〜』扶桑社、2006年
  • ロリー・ヘギ『アシュリーが教えてくれたこと』扶桑社、2009年

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]