アグネス・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弟系ロイス侯夫人アグネス、1887年

パウリーネ・ルイーゼ・アグネス・フォン・ヴュルテンベルクPauline Louise Agnes Herzogin von Württemberg, 1835年10月13日 カールスルーエ - 1886年7月10日 オステルシュタイン城、ゲーラ)は、ドイツヴュルテンベルクの王族、ヴュルテンベルク公女(Herzogin von Württemberg)。弟系ロイス侯ハインリヒ14世の妻。

ヴュルテンベルク公オイゲンとその2番目の妻でホーエンローエ=ランゲンブルク侯カール・ルートヴィヒの娘であるヘレーネの間の第4子、次女として、オーバーシュレージエンのカールスルーエ(現在のポーランドオポーレ県ナムィスウフ郡ポクイ)で生まれた。父にとっては3番目の娘で、末娘である。1858年2月6日に実家のカールスルーエでハインリヒ14世と結婚した。侯爵夫人として領内に多くの財団や協会、学校を設立したほか、アンゲリカ・ホーエンシュタインAngelica Hohenstein)の筆名で作家としても活動した。

子女[編集]

夫との間に1男1女の2人の子女をもうけた。

  • ハインリヒ27世(1858年 - 1928年) - 弟系ロイス侯
  • エリーザベト(1859年 - 1951年) - 1887年、ゾルムス=ブラウンフェルス侯子ヘルマンと結婚

著作[編集]

  • Helene (Erzählung; 1867)
  • Aus schönen Stunden. Acht Bilder (enth.: Fra Giovanni Angelico da Fiesole, Roswitha, Aus Venedig, Eine Waldphantasie, Drei Volkslieder in einem Bilde, Im Hinterstübchen, Die Lilie auf dem Meraner Friedhof, Johann Arnolds Tagebuch; 1878)
  • Der Segen der Grossmutter (Familienbild in zwei Bänden; 1880)

参考文献[編集]

  • Ernst Friedrich Lotze: Trauergottesdienste bei der feierlichen Beisetzung der am 10. Juli 1886 selig entschlafenen Durchlauchtigsten Fürstin u. Frau Frau Pauline Louise Agnes regierenden Fürstin j. L. Reuß geb. Herzogin von Württemberg Königl. Hoheit in der Schloßkirche zu Gera-Osterstein abgehalten den 14. Juli 1886. o. V., o. O. 1886.
  • Ludovica Hesekiel: Agnes Fürstin Reuß j.L., geb. Herzogin zu Württemberg: Ein Lebensbild. Mit Portrait. Pöschel & Trepte, Leipzig 1887.
  • Sophie Pataky: Lexikon deutscher Frauen der Feder. Band 1. C. Pataky, Berlin 1898, S. 372.
  • Franz Brümmer: Lexikon der deutschen Dichter und Prosaisten vom Beginn des 19. Jahrhunderts bis zur Gegenwart. Reclam, Leipzig 1913, S. 35f.
  • Elisabeth Friedrichs: Die deutschsprachigen Schriftstellerinnen des 18. und 19. Jahrhunderts. Ein Lexikon. Metzler, Stuttgart 1981, ISBN 3-476-00456-2, (Repertorien zur deutschen Literaturgeschichte 9), S. 249.