アグネス・エアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アグネス・エアーズ
Agnes Ayres
Agnes Ayres
本名 Agnes Eyre Henkel
別名義 Agnes Eyre
生年月日 (1898-04-04) 1898年4月4日
没年月日 (1940-12-25) 1940年12月25日(42歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州カーボンデール
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 女優
活動期間 1914-37年
配偶者 フランク・P・シュッカー(1921–21年、離婚)
S・マニュエル・レアーチ(1924年7月13日–1927年6月10日、離婚)娘1人

アグネス・エアーズ(Agnes Ayres、1898年4月4日 - 1940年12月25日)は、サイレント映画時代に活躍したアメリカ合衆国女優ルドルフ・ヴァレンティノと共演した映画『シーク』のダイアナ・メイヨ役が有名である。

来歴[編集]

1898年4月4日、イリノイ州カーボンデールでソロンとエマ(旧姓スラック)・ヘンケル夫妻を両親に、アグネス・エア・ヘンケルとして生まれる。彼女には10歳年上の兄ソロン・ウィリアム・ヘンケルがいた。1914年、エッサネイ・スタジオ所属の監督の目にとまり、群衆シーンのエキストラとしてデビューした。

演技の仕事を続けるため母親とニューヨークに移り、女優のアリス・ジョイス英語版に見出される。ジョイスは2人の外見的類似に注目し、エアーズは1917年の映画『Richard the Brazen』でジョイスの姉妹役を射止めた。パラマウント映画の創設者ジェシー・ラスキー英語版が彼女に関心を持ったため、仕事が追い風に乗っていった。ラスキーは南北戦争を描いた『Held by the Enemy』(1920年)にエアーズを主演させ、その上セシル・B・デミル監督の作品に彼女を出演させてくれるよう懇願した[1]。この間第一次世界大戦中に結ばれた陸軍士官のフランク・P・シュッカー大尉と結婚するも直ぐに離婚。そしてラスキーと交際を始めた[2]

『シーク』(1921年)ヴァレンティノと

1921年、『シーク』で「ラテン系の色男」ルドルフ・ヴァレンティノの相手役としてイギリスの令嬢ダイアナ・メイヨを演じ、エアーズはスターダムにのし上がった。1926年の続編『熱砂の舞英語版』でも再びダイアナを演じている。『シーク』出演後はウォーレス・リード主演の『アナトール英語版』(1921年)、『禁断の果実英語版』(1921年)、セシル・B・デミル監督の大作『十誡』(1923年)など多くの作品で立て続けに主要な役を演じた。

1923年には、ジェシー・ラスキーとの関係が終わり、仕事にも陰りが見えてきた。1924年、メキシコの外交官S・マニュエル・レアーチと結婚、2人は1927年に別れたが娘が1人産まれた[3]

1929年、ウォール街大暴落で動産も不動産も失う。同年、ジャック・ホルト英語版主演の『ドノヴァン英語版』で最後となる主要な役を演じた。稼ぐために映画女優を休業し、ヴォードヴィルサーキットに出演。1936年、復帰出来ると信じて映画界に戻った。意に反して主演級の役を充てられる事も無く、やや太り過ぎてもいて、多くはクレジットもされない端役で出演。1937年、ついに女優業から完全に引退した[3]

晩年と死去[編集]

引退後は意気消沈し、やがて療養所に送られた。更に1939年、娘の親権も父親のレアーチに移された[3]

1940年12月25日、自宅にて42歳で脳内出血により死去、ハリウッド・フォーエバー・セメタリーに埋葬された[4]

映画界への貢献により、ハリウッド大通り6504のハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにアグネス・エアーズの星型プレートがある[5]

主な出演作[編集]

1920年の映画『烏人獣人』 - Munsey’s Magazine(1920年)
原題 邦題 役名 備考
1914 The Masked Wrestler クレジットされず
1915 His New Job チャップリンの役者 Extra, Secretary 別題: Charlie's New Job
1917 Motherhood The Mother アグネス・エア名義
1917 The Debt Countess Ann アグネス・エア名義
1917 Mrs. Balfame Alys Crumley アグネス・エア名義
1917 Hedda Gabler アグネス・エア名義
1917 The Mirror undetermined アグネス・エア名義
1917 The Dazzling Miss Davison Lillian, Miss Davison's sister アグネス・エア名義
1917 The Defeat of the City Alicia Van Der Pool アグネス・エア名義
1918 The Purple Dress Maida
1918 The Enchanted Profile Ida Bates
1918 Sisters of the Golden Circle Mrs. James Williams
1918 One Thousand Dollars Margarett Hayden
1919 The Girl Problem Helen Reeves
1919 A Stitch in Time Lela Trevor
1919 In Honor's Web Carson
1919 The Gamblers Isabel Merson
1920 A Modern Salome Helen Torrence
1920 The Inner Voice Barbara
1920 Go and Get It 烏人獣人 Helen Allen
1920 Held by the Enemy Rachel Hayne
1921 The Love Special 愛の列車 Laura Gage
1921 Too Much Speed Virginia MacMurran
1921 Cappy Ricks Florrie Ricks
1921 The Affairs of Anatol Annie Elliott
1921 The Sheik シーク Lady Diana Mayo
1922 The Lane That Had No Turning 愛着の道 Madelinette
1922 Bought and Paid For 割れても末に Virginia Blaine
1922 The Ordeal Sybil Bruce
1922 A Daughter of Luxury Mary Fenton
1922 Clarence クラレンス Violet Pinney
1923 The Heart Raider 心を盗む者 Muriel Gray (a speed girl)
1923 Racing Hearts 競争心 Virginia Kent
1923 The Ten Commandments 十誡 The Outcast
1923 The Marriage Maker Alexandra Vancy
1923 Don't Call It Love Alice Meldrum
1923 Hollywood Herself (cameo)
1924 When a Girl Loves 恋は強し Sasha Boroff
1924 Bluff Betty Hallowell
1924 The Guilty One Irene Short
1924 Detained 短編映画
1924 The Story Without a Name 殺人ラジオ Mary Walsworth
1925 Tomorrow's Love Judith Stanley
1925 Her Market Value Nancy Dumont
1925 The Awful Truth Lucy Satterlee
1925 Morals for Men Bessie Hayes
1926 The Son of the Sheik 熱砂の舞 Lady Diana
1927 Eve's Love Letters The Wife
1928 Into the Night Billie Mardon
1928 The Donovan Affair ドノヴァン Lydia Rankin
1936 Small Town Girl Catherine クレジットされず
1937 Maid of Salem Bit Part クレジットされず
1937 Midnight Taxi Society woman クレジットされず
1937 Souls at Sea Bit Role クレジットされず
1937 Morning Judge Mrs. Kennedy

出典[編集]

脚注
  1. ^ Brettell, Andrew; King, Noel; Kennedy, Damien; Imwold, Denise (2005). Cut!: Hollywood Murders, Accidents, and Other Tragedies. Leonard, Warren Hsu; von Rohr, Heather. Barrons Educational Series. pp. 23. ISBN 0-7641-5858-9. 
  2. ^ Parish, James Robert (2002). The Hollywood Book of Death: The Bizarre, Often Sordid, Passings of More Than 125 American Movie and TV Idols (3 ed.). Contemporary Books. pp. 93. ISBN 0-8092-2227-2. 
  3. ^ a b c Parish, James Robert (2002). The Hollywood Book of Death: The Bizarre, Often Sordid, Passings of More Than 125 American Movie and TV Idols (3 ed.). Contemporary Books. pp. 94. ISBN 0-8092-2227-2. 
  4. ^ Katz, Ephraim (1994). The Film Encyclopedia: The Most Comprehensive Encyclopedia of World Cinema in a Single Volume. HarperCollins She is interred in the Hollywood Forever Cemetery in Hollywood, CA. Publishers. pp. 68. ISBN 0-06-273089-4. 
  5. ^ Hollywood Star Walk: Agnes Ayres”. latimes.com. 2016年2月22日閲覧。
参考文献
  • 5.1900 United States Federal Census, Cobden, Union, Illinois; Roll: T623_346; Page: 24B; Enumeration District: 95.
  • 6.1910 United States Federal Census, Chicago Ward 34, Cook, Illinois; Roll: T624_281; Page: 8B; Enumeration District 1461.

外部リンク[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク