アクリノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクリノール
構造式 アクリノール
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
1837-57-6
PubChem CID: 15789
KEGG D01248
化学的データ
化学式 C15H15N3O・C3H6O3・H2O
分子量 361.39
物理的データ
融点 240 °C (464 °F)

アクリノール(Acrinol)、化学名乳酸6,9-ジアミノ-2-エトキシアクリジン一水和物(2-Ethoxy-6,9-diaminoacridine monolactate monohydrate)は、分子式C15H15N3O・C3H6O3・H2Oで表される殺菌消毒薬の一つ[1]。別名エトジン(Ethodin)。リバノールの名称で市販されている[1]。分子量361.39。CAS登録番号は1837-57-6。融点240℃(分解)の黄色の結晶性粉末で、エタノールには可溶[1]

特性[編集]

アクリノールは、0.05~0.2%の水溶液が殺菌消毒薬として利用される。しばしば市販の絆創膏ガーゼに黄色い消毒薬が染みこんでいるものが見かけられるが、この消毒薬がアクリノールである。 生体組織に対する刺激性は極めて低く、血清タンパク質の存在下においても殺菌力が保たれる。そのため、化膿局所に使用されることが多い。低濃度のものはうがい薬としても使用される。致死量はマウス、皮下で75 mg/kgである[1]

殺菌効果[編集]

グラム陽性菌陰性菌いずれにも有効で、ウェルシュ菌ブドウ球菌淋菌連鎖球菌に対し特に活性が高い。作用機序は、生体内でイオン化し、その陽イオン部分が細胞の呼吸酵素を阻害することにより殺菌する。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 吉川、粕谷『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、40-41頁。